Zcashとは

     f:id:jyutakugyoseiku:20161106093922p:plain

 

暗号通貨と呼ばれるものにはビットコイン以外にも様々なものがあります。

ビットコイン以外の暗号通貨は「アルトコイン」とも呼ばれ、アルトコインを中心に投資をする投資家なども存在します。

アルトコインについて⇒アルトコインとは

 

今回はそんなアルトコインの中でも色々な意味で注目をされている「Zcash(ジーキャッシュ)」について初心者にも分かりやすくご説明させていただければと思います。

 

目次

  1. Zcashとは
  2. Zcashの基本的な事
  3. Zcashの将来性
  4. まとめ

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

1 Zcashとは

 

 Zcash(ジーキャッシュ)はアルトコインと呼ばれるビットコイン以外の暗号通貨です。

通貨以外の機能が中心となっているアルトコインが多く存在しますが、Zcashは基本的に決済用のアルトコインになります。つまり通貨としての機能が中心となっております。

では、ビットコインと同じ機能しかないのかと言われればそうではもちろんありません。

ビットコインではどのビットコインアドレスからどのビットコインアドレスにどれだけビットコインが送られたかを世界的に公開するシステムなのですが、Zcashは全く違うものになりましてそれら全てが秘密にされるのです。

 

今までも匿名性がビットコインより高いアルトコインは存在していた(Moneroなど)のですが、アドレスが秘密にできなかったり数量が隠せなかったりと完全な匿名を確保したアルトコインはありませんでした。

 

それがZcashが市場での取引が行われる前からの注目度が高かった一つの理由なのです。

 

 

2 Zcashの基本的な事

 

Zcashの基本的な事を少しだけ。

Zcashはビットコインと似ている部分があります。コンセンサスアルゴリズムがプルーフオブワークな事。

コンセンサスアルゴリズムとは

プルーフ・オブ・ワークとは

 

また、半減期が4年に一度で発行上限が2100万な事です。

ビットコインに似ている部分が多いのもZcashの特徴の一つです。

 

 

3 Zcashの将来性

 

Zcashの将来性は色々な意見があります。市場に出回った際はその供給の少なさから一時1Zcashに対して3300BTC(!)の値段がついた場面もありました。

しかし、その後市場は落ち着いて今では1BTCを下回ったりもしております。

 

もちろん技術的にも課題は多く残っております。しかし、Zcash1.0.1がアップデートされたりと、進化はしております。暗号通貨は市場に出回ってからも進化し続ける事ができるので将来性については全ての暗号通貨に一定の期待が残ります。

 

Zcashが購入できる国内の取引所です!↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

 

4 まとめ

 

以上がZcashのご紹介になります。ビットコインが注目を浴びてから様々なブロックチェーンを活用したサービスが生まれております。実際Zcashも2016年1月頃から騒がれていたものです。色々と情報収集をしていくのも暗号通貨を楽しむ一つのポイントかもしれません!

 

関連記事

仮想通貨のミキシングとは

WikileaksでZcashの受け入れ開始

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサー

 

スポンサー

“Zcashとは” への8件の返信

  1. はじめまして、いつもこちらのブログで勉強させていもらっています。Zは完全なる匿名性があるのは理解できましたが、PoWでマイナーがブロックに記入の権限を得ますよね?完全に匿名だと、誰から誰に送金したのか権限を得たマイナーもわからないのでは?とおもいました。権限をもったマイナーはどういった風にブロックを作成していくのですが? 初心者で質問の内容もわかりずらくてもうしわけないです。

  2. >masaki様
    はじめまして。コメントいただき有難う御座います。
    簡単にご説明させていただくとマイナーは「誰から誰に送金したか」という情報は必要ではありません。マイナーの役割はあくまで「取引を成立させる事」です。Zcashのような匿名仮想通貨では「AさんからBさんの送金」という取引の際に「Aさん」「Bさん」という情報を伏せ「α」「β」という匿名情報に置き換えられます(かなり簡略化でのご説明ですが)。
    マイナーはブロックに「αからβへいくら送金」という情報のみを載せます。Zcashの匿名システムによりα=Aさん、β=Bさんと後に変換される事になるので送受金者は確実に送受金する事が可能となります。
    マイナーは「手数料」と「ブロック作成報酬」を受け取れれば良いので「Aさん」が「α」になっていようがいまいが関係なく処理を行います。
    このような説明でよろしいでしょうか?疑問が解決すれば幸いです。

  3. こんにちは。いつも役立つ情報をありがとうございます。
    Zcashについての質問なので、ここにコメントさせてもらいます。
    Zcashを取引所以外で安全に保有する方法を探していますが、何かおすすめはありますでしょうか?NEMのnano Walletみたいなものとか、またはペーパーウォレットを作れるサイトなどあれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  4. >田舎の初心者様
    こんにちは。コメントいただき有難う御座います。
    Zcashの安全な管理はまずハードウェアウォレットの「TREZOR」が最も安全だと思います。
    ペーパーウォレットは「https://www.zcashpaperwallet.org/」こちらのサイトで作成できますが、安全性は担保できません。一応SSL認証の安全なネットワークは利用されておりますがペーパーウォレットはアドレス作成の際の乱数(アドレスの元となる数列)が本当にランダムなものか、サイト作成者を信頼しなくてはいけないので若干の注意が必要かと思われます。
    ただ、少額であればお金のかからないペーパーウォレットもいいのではないかと思います。
    ご参考になれば幸いです。

  5. ありがとうございます。
    リスク覚悟でペーパーウォレットを使ってみようと思います。
    あと、Zcashを送受信やsweepなどに使えそうなスマホアプリはどれがおすすめでしょうか?
    また、ペーパーウォレットに入れたZcashの残高は、view keyを使って、どのサイトなどで検索して調べられますでしょうか?
    ご教授の程よろしくお願いいたします。
    p.s.また、同様に、Liskについて、
    ●ペーパーウォレットの作れるサイト
    ●おすすめスマホアプリ
    ●残高確認方法
    について、ご教授いただけますでしょうか?
    よろしくお願いいたします。m(_ _)m

  6. p.s.
    さっそくペーパーウォレットを作って、取引所からペーパーウォレットのアドレスに送ろうとしたら上手くいかず、よく見たら、Zcashのペーパーウォレットのアドレスは、秘密鍵よりも長いですね。取引所の受信用に表示されるZcashのアドレスはもっと短いようですが、これは、取引所がまだ完全匿名ではない公開版アドレスを使っていて、ペーパーウォレットに表示されるアドレスが完全匿名版アドレスとなる、違いなのでしょうか?
    そうなると、完全匿名としてのZcashの送受信はまだ機能が発展途上なのでしょうか?

  7. >田舎の初心者様
    すみません。先日お伝えしたのはZcashのフルノード利用でのウォレットだったので取引所からでは完全匿名でのウォレットになりませんでした。お手数をおかけしました。
    Zcash、Liskについては若干追っかけるのが遅れておりますが私も興味があるので順次ブログにウォレット利用方法等書いていきたいと思いますので少々お時間を頂きたく存じます。
    今後とも宜しくお願い致します。

  8. なるほど、ありがとうございました。
    ビットコインやNEMなどのペーパーウォレットが作れるサイトもいつの間にか機能停止しているので、この際、作れるうちに、Zcashのペーパーウォレットをいくつか作って印刷しておきました。
    いつも役立つ情報をありがとうございます。
    今後もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。