秘密鍵と復元パスフレーズ

f:id:jyutakugyoseiku:20170125095716p:plain

 

ビットコインを保有する際には必ず他人に漏らしてはいけないとされる「秘密鍵」。しかし、秘密鍵と同様に「復元パスフレーズ」も漏らしてはいけない、ということも聞くと思います。「秘密鍵」と「復元パスフレーズ」の関係性について初心者にも分かりやすく解説をしていきたいと思います!

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

秘密鍵とは

 

「秘密鍵」というのはビットコインを送金する際に必要になる暗号鍵の事です。この「秘密鍵」があれば実際にビットコイン保有者である本人ではなくてもビットコインの送金ができてしまいます。

 

普段利用するような取引所やウェブウォレット・ウォレットアプリではあまり目にすることはありません。何故なら取引所やウォレット運営があなたの秘密鍵を管理して、あなたが送金したい場合はあなたの代わりに秘密鍵で送金の動作を行ってくれるからです。

 

ペーパーウォレットでは自身の秘密鍵を見る事が可能です。そしてペーパーウォレット内に保存しておいたビットコインを取り出す際はその秘密鍵が必要になります。つまり、「秘密鍵を漏らしてはいけない」と言いますが初心者の方にとってみれば少額ならウォレットアプリ内に入れっぱなしの方が多いと思いますしあまりよく意味の分からない言葉になってしまうのでは無いでしょうか?ペーパーウォレットからビットコインを取り出す方法

 

もちろん、よりビットコインをセキュリティの高い状態で保存しておこうと思えば秘密鍵は自身で管理する方がいいでしょう。秘密鍵を管理している運営がいなくなってしまった場合や、運営が悪い事を考えた場合は簡単にあなたのビットコインはどこかへ行ってしまいます。

 

ですので多額のビットコインを保有する場合はペーパーウォレットやハードウェア型のウォレットが好まれるのです。

 

復元パスフレーズとは

 

さて、それに対して復元パスフレーズです。復元パスフレーズは秘密鍵とほぼ同様だと考えていただいてもいいでしょう。というのも復元パスフレーズさえあれば復元パスフレーズ対応のビットコインウォレットに入力するだけでビットコインウォレットを再現できてしまうからです。

 

復元パスフレーズというのは秘密鍵のように意味の無い文字列ではない為に記録する際に間違いにくい性質を持っています。12または24の単語になった秘密鍵、と覚えていても初心者の方にとっては問題はないでしょう。(秘密鍵とはもちろん違います。自身の持っているビットコインを守る、という意味での重要性が同じということです)

 

つまり馴染みのある単語で記録ができる為に記録間違いを起こしにくくした実装が復元パスフレーズという事です。

 

また、これが実装されているウォレットと実装されていないウォレットがあるのは復元パスフレーズというのが後付けの実装だからです。BIPと呼ばれるビットコインの開発提案によって考えられた手法により復元パスフレーズは生まれております。(BIPとは(ビットコイン用語))ですので復元パスフレーズ機能のついていないウォレットもあります。

 

復元パスフレーズ実装があれば、異なるウォレットでも利用していたウォレットを再現できますので必ずしも同じウォレットでなくても大丈夫です。

 

復元パスフレーズと秘密鍵の違いは秘密鍵は送金に利用するものに対し、復元パスフレーズはウォレットを丸ごと再現する、ということです。とにかくどちらも「ビットコインの保管」という点では他人に漏らしてはいけないものですので取り扱いには十分注意をしてください。

 

まとめ

 

ですが、私がビットコインと触れ合っていていつも感じるのは「実際に触れる」事で覚える事はかなりある、という事です。もちろん知識も大切ですがいざ秘密鍵や復元パスフレーズを扱うとなった時の緊張感は知識をつけるだけでは感じる事ができません。

 

緊張して記録ミスや取り扱いミスをしてしまうことも私でもない事はないです。ですのでビットコインや仮想通貨に興味のある方はまず少額でもいいので「試してみる」事が重要です。(何でもそうですが…)

 

やっていくうちに「あ、これはこういう事か」という発見があり、どんどん取り扱いが上手になりリスクは減っていきます。そしてビットコインや仮想通貨の楽しさに気づいていきます。是非是非興味のある方は試して、少額から遊んでみてはいかがでしょうか?

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
スポンサー

 

 

スポンサー

“秘密鍵と復元パスフレーズ” への10件の返信

  1. 「秘密鍵と復元パスフレー」を読ませていただき、大変参考になりました。
    実は、3,4年前にライトコインをHIVE walletで購入し、その後そのままにしていたところ、つい最近Hiveが停止していることを知り、困惑している者です。ネットで調べたところ、復元には12文字の復元パスフレーズが必要、とありますが、私の記憶と記録ではそのようなパスフレーズの登録指示はなく、唯一記録しているのは34桁の秘密鍵です。
    なお、iphoneに設定していたHiveのアプリは携帯を買い換えた際に消えてしまっています。
    助けていただければ相応の寄付をさせていただきます。
    よろしくお願いします。
    moss

  2. >moss様
    コメントいただき誠に有難う御座います。
    ライトコインウォレットのHIVEを私は使ったことが無いのでもしかしたら参考にならないかもしれませんのでそれを前提に申し上げます。
    もし秘密鍵が正確に分かっているのであれば他のライトコインウォレットを利用すればライトコインを復元できる可能性があります。例えばhttps://liteaddress.org/のような現在展開されているウォレットであれば秘密鍵を入力する事で復元できます。上記ウォレットを利用する場合、まず適当にマウスを動かしてウォレットを作ります。(ウォレットを作る意味はありませんが次の画面に移る為に必要な動作です)
    そして「Wallet details」で「Enter Private Key」の箇所に秘密鍵を正確に入力します。そして「View Datail」をクリックします。すると秘密鍵に対応するライトコインアドレスと秘密鍵(QRコード含め)が復元されます。
    その後https://litecoin.com/ja/#walletsのアプリ等(loaf wallet等)を利用して秘密鍵のQRコードからアプリ内にライトコインを取り出すことができるようになります。
    これでできるかもしれません。復元できる事を祈っております。何か疑問点などあればお気軽におっしゃって下さい。

  3. 何度もすみません。
    試してみました。
    「・・・0すると秘密鍵に対応するライトコインアドレスと秘密鍵(QRコード含め)が復元されます。」ここまではできたのですが、
    「その後https://litecoin.com/ja/#walletsのアプリ等(loaf wallet等)を利用して秘密鍵のQRコードからアプリ内にライトコインを取り出すことができるようになります。」ここ部分のやり方がわかりません。ご教示いただけますでしょうか?

  4. >moss様
    言葉が足りておらず申し訳ございません。
    秘密鍵のQRコードからアプリ内にライトコインを取り出す方法を「laof wallet」でご説明させていただきます。
    iOS(iphone)を私は利用しているのでiOSでの方法で説明します。
    まずアプリをダウンロードし、新規ウォレットを作成します。復元パスフレーズが表示されますがこれは保存してもしなくても大丈夫です(後で再確認可能です)。そして初期画面の左上部の三本線をタップし「秘密鍵をインポート」をタップします。するとカメラでQRコードを読み取ることができますので読み取ればアプリ内にライトコインを取り出すことができます。これで一度試していただくといいと思います。HIVEウォレットの設定などが分からないのでもしかしたらできないかもしれません。また何か疑問点等ございましたらお気軽にコメントください!

  5. ご丁寧に説明していただき、ありがとうございます。
    Loaf WalletでQRコードを読み取りましたが、
    「この秘密鍵は承認済残高がありません」と表示されてしまいます。
    これで万事休す、ですかね?

  6. >moss様
    litecoin addressで復元させた(秘密鍵から導いた)「Wallet details」で表示されたラトコインアドレスを用意してもらって、Loaf Walletで試しに「秘密鍵をインポート」でライトコインアドレスのQRコードをスキャンしてみていただいてもよろしいですか?
    もしかしたら残高が表示される可能性があります。(その方法で取り出すことができるわけではありませんが、残高が表示できたら他の方法を試す価値が出てくるので確認の為です。)
    ちなみにライトコインは数年前にアップグレードしたので私がお伝えしたウォレットが新仕様になっていてできない可能性があります。とりあえず確認だけでも、と思いました。

  7. 表示されたQR画面はlitecoin addressで復元されたと思っていましたが、「The text you entered is not a valid Private Key. Would you like to
    use the entered text as a passphrase and create a Private Key using a SHA256 hash of the passphrase?」という表示が出て良く読まずに「OK」をクリックすると表示される画面のため、入力した秘密キーとの紐付けはできていないと思われます。秘密キーは当初の登録時に3か所に同時保存したもので間違いないのですが、「not valid」と言われてしまうと何ともしようがないですね。

  8. >moss様
    そうでしたか。そうなると理由がどうあれその秘密鍵が対応していないので難しいかもしれません。お力になれず残念です。申し訳ございませんでした。

  9. お忙しい中、とても丁寧にご指導いただき、誠にありがとうございます。
    残念ですが、それ程大きな投資額ではなかったので、諦めることにします。
    ご多幸をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です