ビットコイン国内プリペイドカード比較 <バンドルカード・マネパカードなど>

f:id:jyutakugyoseiku:20171008175629p:plain

 

ビットコインからチャージできる国内プリペイドカードの比較を行います。ビットコインをチャージする事で銀行を介さずに全国の加盟店で決済利用する事ができます。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインプリペイドカードとは

ビットコインプリペイドカードとはプリペイド式のカードにビットコインを直接チャージする事で日本円で店舗決済ができるカードの事を言います。ビットコインでチャージしますが、プロペイドカードには日本円で反映されます。その為、利用する時は「日本円」で支払う事になります。

 

ビットコインを多く持っているけれど決済利用が現金化しないとなかなかできませんがビットコインプリペイドカードを利用すればキャッシュにすることなくVISAやMasterCard加盟店で決済利用する事が可能です。

 

※課税の注意

2017年10月8日時点の国税庁の発表では決済利用でもビットコインで得た利益には課税されるとしております。決済利用だから非課税という訳ではありませんのでご注意ください。(参考:ビットコインの税金について国税庁の発表

スポンサー

 

 

スポンサー

カード比較

カードの種類

国内のビットコインプリペイドカードは3種類あります。(カード名クリックorタップで解説へ)

バンドルカード

f:id:jyutakugyoseiku:20171008163610p:plain

公式HP

 「マネパカード

f:id:jyutakugyoseiku:20171008163824p:plain

公式HP

bitFlyerVISAプリペイドカード

f:id:jyutakugyoseiku:20171008164108p:plain

公式HP

 

 国内には現在これら3種類のビットコインプリペイドカードがあります。しかしバンドルカードとbitFlyerVISAプリペイドカードは同じ株式会社カンムが展開しているカードですので機能は同じになります。

さらにbitFlyerVISAプリペイドカードは一般販売はしておりません(入手方法はこちらから⇒bitFlyerVISAプリペイドカード <特徴・メリット・利用方法>)。このような理由から以下では「バンドルカード」「マネパカード」について比較をしていきます。

 

比較表

バンドルカードとマネパカードの比較です。バンドルカードには「バンドルカードリアル+」という上位カードがありますのでそちらも合わせて比較していきます。(スマホはスクロールで全体を閲覧できます。)

 

カード名 バンドルカード バンドルカードリアル+ マネパカード
解説ペ―ジ 詳細 詳細 詳細
発行会社 株式会社カンム 株式会社カンム 株式会社マネーパートナーズ
ブランド VISA VISA MasterCard
提携取引所 coincheck coincheck Zaif
海外利用
発行費 300円※ 600円 無料
年会費 無料 無料 無料
有効期限 5年 5年 5年
口座維持費 120日未利用で月100円 120日未利用で月100円 無料
通貨出金
海外決済手数料 4.5% 無料
入金上限(1回) 3万円 10万円 100万円
残高上限 10万円 100万円 無し
ビットコイン ウォレット可 ウォレット可 Zaif連携

※アプリダウンロードのみは無料(ネットショッピングのみ)

 

バンドルカードの特徴

<バンドルカードの特徴>

・VISA

・年会費無料

・アプリダウンロードで即時利用可

・coincheck取引所内からビットコインチャージ

・他ウォレットからビットコインチャージ可

・3種類のカード

 

バンドルカードはアプリをダウンロードすればすぐに利用できるのが特徴です。アプリをダウンロードする事でインターネットショップのVISA加盟店で利用できるようになります。国内実店舗決済はバンドルリアルカード(発行手数料300円)、海外決済はバンドルカードリアル+(発行手数料600円)で利用が可能になる3種類のカード利用方法があります。

 

また、coincheck社と提携しておりcoincheck取引所アカウント内で保有するビットコインをカードにチャージできる他、取引所以外のビットコインウォレット(対応ウォレット)からもビットコインをチャージする事ができます。

 

マネパカードの特徴

<マネパカードの特徴>

・MasterCard

・年会費無料

・対応通貨出金可能

・Zaif取引所内からビットコインチャージ

・国内利用で還元率1.5%~

・6種の通貨対応

 

マネパカードは出金も可能なプリペイドカードです。通貨もJPY・USD(ドル)・EUR(ユーロ)・GBP(ポンド)・AUD(豪ドル)・HKD(香港ドル)の6種類に対応しておりその国に行った際に現地通貨を引き出せる特徴があります。(手数料がかかります。)

 

国内での利用は1.5%~の還元があるのでショッピングをお得にする事が可能です。マネパカードのビットコインチャージはZaif取引所の連携によって行われます。Zaif取引所アカウント内にあるビットコインのチャージのみ対応しており、他ウォレットからのチャージはできません。

 

スポンサー

まとめ

ビットコインプリペイドカードを簡易的に利用したい方はバンドルカードのアプリがおすすめです。マネパカードは本格的にビットコインチャージで海外利用したい方は良いと思います。

また、既に利用している取引所と連携しているカードを使えば簡単にチャージする事ができるので利用取引所に合わせた選び方もアリだと思います!

 

関連記事

ビットコイン初心者専用ページ

ビットコインVisaカード「バンドルカード」について

ビットコインチャージ対応のマネパカードの便利さについて

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です