暗号通貨における「トークン」とは?初心者にもわかりやすく解説!

 

ビットコイン、暗号通貨を調べていると「トークン」というワードがよく出てきます。

「トークンって何??」と思いますよね。

今回は暗号通貨における「トークン」のご説明をさせていただきたいと思います!

GMOコイン

 

トークンとは

まずは「トークン」についてです。

トークンとは、証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語。 プログラミングでは、ソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。トークンとは|token – 意味/定義/解説/説明 : IT用語辞典

こう出てきます。そうです。「トークン」というのは何も暗号通貨専用の言葉では無くて

英単語の一つなのです。

なので言葉が出てきた文脈によって意味が変わります。

そこで暗号通貨においての「トークン」がどのような意味で使われるのかというと

「代用貨幣」

という意味で使われます。

つまり

新しく作られた貨幣=トークン

というわけです。

ビットコインの性質をどう捉えるのかにもよりますが

「ビットコインもトークンの一種である」

と言えないこともないのです。

 

トークンの使い道

さて、そんな「トークン」ですが実は現在の最新技術を使えば「独自トークン」なるものが作れてしまうのです。

作り方は後日詳しくご説明させていただきます。

独自トークンを使えば何ができるのか?

ということですが、

独自トークンを会員限定にして証明代わりに使ったり、

株式のように発行して資金集めに使ったり、

使い方は無限大なのです!

可能性がまだまだある最新技術です。

 

まとめ

以上が暗号通貨における「トークン」の簡単なご説明でした。

実際この技術が確立されていくと本当に株式代わりになって「上場」なんて言葉も無くなっていくかもしれません。(無くなることは無いとは思いますが笑)

使い方がまだ確立されていないだけにとっても興味深いものではあると思います!

 

関連記事

トークンエコノミーとは

フィスココインとは? 今後の企業トークンの可能性

Zaifトークンとは <1号通貨・購入方法・送受信方法について>

ERC20とは<初心者向け>

GMOコイン

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。