NPoSとは?ポルカドットのコンセンサスアルゴリズムをわかりやすく解説!ステーキングするなら必要な知識!

 

ポルカドットでは、コンセンサスアルゴリズムの一つに「NPoS(Nominated Proof-of-Stake:ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)」が採用されています。イーサリアム2.0で採用される予定の「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」の進化系とも言えるコンセンサスアルゴリズムについて、初心者の方にもわかりやすく解説をします。

 

★国内取引所でポルカドット(DOT)の取り扱いがあるのはGMOコイン!

GMOコイン

 

NPoS(ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)とは

NPoS(Nominated Proof-of-Stake:ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)とは、仮想通貨などのパブリックブロックチェーンで採用されるコンセンサスアルゴリズムの一つです。PoS(プルーフ・オブ・ステーク)にノミネーター(Nominator)と呼ばれる参加者が追加されるシステムです。ポルカドット(Polkadot)にて採用されています。

NPoSでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の処理を承認する参加者の権限を分散するために、推薦者(ノミネーター)がネットワークに参加することでその仮想通貨やパブリックブロックチェーンのセキュリティを向上します。ノミネーターはその仮想通貨を保有していれば誰でもなることができるため、プルーフ・オブ・ステークよりも開かれた(分散された)ネットワークになります。

ここまでだと、少し初心者の方には難しいため、PoSについて紹介しながらNPoSをわかりやすく解説していきます。

 

そもそもPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは

そもそも「プルーフ・オブ・ステーク」とは、仮想通貨を保有(預け入れ)している人から選ばれた参加者が、ブロックチェーンの処理についての合意を取るコンセンサスアルゴリズムです。

ビットコインやイーサリアムなどの公開されたブロックチェーンを利用した仮想通貨では、特定の運営者が存在しないため、不特定の参加者による不正の検閲や取引の承認が行われます。参加者には誰でもなることができますが、その参加者が不正を働いてしまってはシステムが成り立たないため、参加者の不正を防止するルールが必要になります。

PoSとは
PoSとは

このルールは「コンセンサスアルゴリズム(合意形成アルゴリズム)」と呼ばれます。ブロックの中に記載された記録について、どのように合意を取るか(正しいとするのか)を決めるルールです。

プルーフ・オブ・ステークは、仮想通貨を多くそのネットワークに預け入れている参加者の中から、処理を承認する人を選出する、というコンセンサスアルゴリズムです。この「仮想通貨を預け入れる行為」を「ステーク(ステーキング)」と言います。

PoSとは
PoSとは

 

<プルーフ・オブ・ステークとは?>

プルーフ(Proof)=「証明」

ステーク(Stake)=「掛け金(出資)」

⇒Proof of Stake「掛け金の証明」

 

プルーフ・オブ・ステークは、いくつかの仮想通貨で採用されているコンセンサスアルゴリズムで、その中身は「仮想通貨を多くそのネットワークに預け入れている(ステークしている)参加者の中から、処理を承認する人を選出する」という点以外は、細かい違いがあります。

例えば、預け入れる仮想通貨の最低数量が決まっていたり、預け入れてから引き出すことができない期間が定められていたりします。

プルーフ・オブ・ステークのルールの中で選出された参加者は、正しく処理承認を行うことで、その仮想通貨を報酬として受け取ることができます。このようになっていることで、預け入れた仮想通貨と、受け取った仮想通貨の価値が失われてしまわないよう、参加者が正しく承認を行うインセンティブを生み出し、不正のない取引や処理を行う仕組みになっているのです。

PoSとは
PoSとは

 

NPoSのノミネーター

NPoS(ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)では、上記のプルーフ・オブ・ステークにノミネーターと呼ばれる参加者がプラスされます。


ここより先は会員限定です。無料会員登録はこちらから!
ログインはこちら


スポンサー

“NPoSとは?ポルカドットのコンセンサスアルゴリズムをわかりやすく解説!ステーキングするなら必要な知識!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。