Coincheckで高額取引されるMeebits(ミービッツ)とは?CryptoPunksとの関係や、注目される理由をわかりやすく解説!

 

国内最大の仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)が提供するCoincheck NFT(β版)で、「Meebits(ミービッツ)」というNFTの取り扱いが2021年11月8日より開始されました。

NFTの取引に興味がある人も多いともいますが、MeebitsがどのようなNFTなどかわからないという人もいるのではないでしょうか。

今回は、Meebitsについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

コインチェック

 

Meebits(ミービッツ)とは

Meebits公式サイトより(出典:https://meebits.larvalabs.com/)

Meebitsとは、CryptoPunks(クリプトパンク)というNFTアートを手がけた「Larva Labs社」が提供するNFTゲーム(NFT技術を利用したゲーム)です。

NFTゲームとは

NFTゲームとは?注目ゲーム5選と仕組みについて初心者にもわかりやすく解説!

「3Dボクセル」(pixelとbolumeを合わせた造語)と呼ばれるキャラクターをプレイヤー同士で取引し、コレクションすることがゲームのメインとなります。

Meebitsには以下のような特徴があります。

・20,000体もの3Dキャラクターの取引が可能
・キャラクターに動きを与えることができる
・購入したキャラクターはメタバース上で使用できる

Meebitsは、NFTゲームというジャンルではありますが、ゲーム性が特別あるというわけではなく、純粋にキャラクターを収集するという目的しかありません。

しかし、Meebitsでは、アルゴリズムによって生成された20,000種類もの3Dボクセルが存在しています。

キャラクターも人間だけでなく、ロボットやスケルトンなど様々な見た目があり、自分の好みのものを取引することができます。

 

NFTゲームとは?

そもそもNFTゲームとはどのようなものなのか、簡単に解説をします。 「NFT」とは、最も簡単に説明すると「複製できないデジタルデータ」です。

NFTは「Non-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の略で、日本語では「非代替性トークン」という言葉で訳されることが多いです。

デジタルデータに識別子のようなものを割り当てることで、コピーや修正ができない(コピーや修正したらそれがわかる)ようにしたデータ、さらにブロックチェーンを利用してそれを行なっているものが「NFT」と呼ばれます。

NFTとは

そんなNFTを利用してプレイされるのが「NFTゲーム」です。NFTゲームの特徴は、ゲーム内で使用したキャラクターやアイテムが「複製できないデジタルデータ」であること。さらにそれらが、ブロックチェーン上に記録されるため、ゲーム外での取引ができるのです。

そのため、従来のゲームのように「ゲームをプレイして終わり」ではなく、育成したキャラクターや、レアアイテムが、唯一のデータとして残り、さらにそれを仮想通貨で売買することができるようになります。

そのため、NFTゲームをプレイして、ゲーム内でいい成績を残す(強いキャラクターやレアアイテムをゲットする)ことで、仮想通貨を稼ぐ(お金を稼ぐ)事ができるようになるのです。

NFTゲームはこのような特徴を持ったゲームなのです。

〜NFTについて詳しくはこちら〜

NFTとは?仕組みやアートとの関連性、稼ぎ方や話題となった出来事などを初心者にもわかりやすく解説!

 

スポンサー

Meebitsの特徴

Meebitsは以下のような特徴を持ったNFTゲームです。

・キャラクターに動きを与えることができる
・購入したキャラクターはメタバース上で使用できる

 

キャラクターに動きを与えることができる

Meebitsで購入したキャラクターは、追加のアセットパックを購入することで、ポーズやダンスなどの動きを加えることができます。

キャラクターが動くことで、アニメーションとしてレンダリング(映像に出力すること)が可能です。

つまり、キャラクターをただ集めるだけでなく、そのキャラクターを使用した3D映像作品など、制作物を作ることができます。

 

購入したキャラクターはメタバース上で使用できる

Meebitsで購入したキャラクターは、追加のアセットパックを購入することで他のメタバース上のアバターとして利用することができます。

「メタバース」とは、インターネット上に構築された仮想空間のことです。アバターを操作して他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、ビジネスとして利用したりできます。

メタバース上でMeebitsのキャラクターを利用することで、仮想空間内で自分だけのキャラクターを操作するという、個性を出せるメリットがあります。

 

Meebitsが話題を集めている理由

Meebitsが話題を集めている理由としては、以下の2点が挙げられます。

高値で落札された実績のあるCryptoPunksの開発元が提供するサービスである
・NFTのマーケットプレイスで高値で出品されている

 

高値で落札された実績のあるCryptoPunksの開発元が提供するサービスである

高値で落札された実績のあるNFTアート「CryptoPunks」。そのCryptoPunksの開発元が提供するサービスであることで、Meebitsは大きな話題を集めています。

CryptoPunksは、24×24ピクセルの2Dキャラクターが約10,000体存在するNFTアートです。Meebitsのように、仮想通貨を利用してキャラクター(2次元アート)を売買することができます。

CryptoPunksは、非常に高い価格で取引が行われているため話題を呼んでいます。

2021年3月に、CryptoPunksのキャラクターの1体が、約750万ドルの価格で取引されました。

MeebitsでもCryptoPunksのようにキャラクターの価格が上昇するのでは?という期待が高まっています。

 

NFTのマーケットプレイスで高値で出品されている

Meebitsは「CryptoPunks」の開発元が提供しているということもあり、NFTのマーケットプレイスではすでに高値で取引されています。

取り扱いを開始したばかりのCoincheck NFT(β版)では、一般的なレアリティのキャラクターでも3.0ETH(約120万円)以上で出品されています。

2021年にサービスを提供したばかりですが、取り扱い当初から期待が高かったこともあり、今後CryptoPunksのように高額な落札実績がニュースになる可能性も高いでしょう。

 

以上、Meebitsについて紹介しました。

仮想通貨、NFTの世界では意外な者が高値で突然取引されたりします。そのため、値上がり幅で稼ごうと考えている方は広く情報収集を行っておくと良いでしょう。

 

関連記事

NFTとは?仕組みやアートとの関連性、稼ぎ方や話題となった出来事などを初心者にもわかりやすく解説!

注目メタバースゲーム「THE SANDBOX」(SAND)を徹底解説!内容・将来性・価格についてもわかりやすく紹介!

イーサリアム(ETH)とは?初心者にわかりやすく、購入方法・今後・将来性・歴史・仕組みを解説した入門ページ

コインチェック

スポンサー