StarkNetが最新バージョン更新。イーサリアムのスケーリングソリューションとして注目

 

StarkNetが最新バージョン更新

イーサリアムのスケーリングソリューションの一つである「StarkNet(スタークネット)」の最新バージョンが公開されています。

最新バージョンでは、分散化されていなかったそれまでのバージョンから、分散化された状態で稼働が開始されたとしており、レイヤー2としてStarkNetがスタートしたことがわかります。

StarkNetは、ZKロールアップに特化したソリューションを展開する企業であるStarkWare(スタークウェアー)が提供するレイヤー2プロジェクトの一つです。

StarkWareのソリューションはレイヤー2プロジェクトである「Immutable X」や「dydx」などに採用されており、その技術力は折り紙つきです。そのStarkWareが提供するレイヤー2ソリューションは非常に注目されています。

出典:https://l2beat.com/

レイヤー2プロジェクトのデータを提供しているL2beatでは、まだデータ提供は行われていませんが、今後データが反映されると思われます。

ZKロールアップの本命の一つであるStarknetの動向には今度注目です。プロジェクトの動向次第でイーサリアムのスケーリング問題の方向性が変化する可能性があります。

参考:The Block

 

StarkNet(スタークネット)とは

出典:https://starkware.co/starknet/

StarkNet(スタークネット)は、ZK-Rollup(ZKロールアップ)と呼ばれるモデルを採用したソリューションで、一般的なレイヤー2ネットワークと同様です。イーサリアムのレイヤー2ネットワークとして、素早い処理と安い手数料を実現します。

スタークネットは、2021年11月29日に「StarkNet Alpha(スタークネット アルファ)」という名前でメインネットが公開された、比較的新しいネットワークです。開発者はスタークネット上にDapps(分散型アプリケーション)を開発する事ができます。スタークネットでは、Cairo(カイロ)と呼ばれる独自言語で開発を行います。

〜StarkNetについて詳しくは以下をご覧ください〜

StarkWare(スタークウェアー)とは。レイヤー2に欠かせない存在のソリューションをわかりやすく解説

 

関連記事

zkSync2.0がイーサリアムテストネットで公開へ。イーサリアムのスケーリング問題解決へ一歩前進

GMOコイン

スポンサー