ビットコイン15%上昇。株式市場との乖離、「有事のビットコイン」として買いか

 

3月1日9:20時点で、ビットコインが24時間比で約15%の上昇を見せています。

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitcoin/

ロシアのウクライナ侵攻で株式市場の下落とともに、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)市場も下落をしていました。

しかし、3月1日に入りビットコインが上昇。それに伴い、多くの暗号資産の価格が上昇しています。

ビットコインはもともと、どこの国にも依存しない「デジタルゴールド」として投資家に保有されている背景がありました。戦争などの際に金(ゴールド)が買われることは「有事の金」と言われますが、今回ビットコインが買われていることで「有事のビットコイン」などの声が上がっています。

ダウ平均は前日終値で-0.49%となっていますが、日経平均は9:20時点で約+1%と上昇しています。ビットコインが株式市場とは別の動きをしていることから、市場の注目を集めています。

 

現在値(2022.3.1. 9:25時点)

BTC:43,300

ETH:2,941

DOT:18.98

SOL:98.77

ICP:20.11

 

関連記事

ロシアの金利が20%へ。法定通貨の混乱の中で暗号資産のあり方が問われる

GMOコイン

スポンサー