<最新>SBI VCトレードの口座開設方法を画像付きで解説!SBIグループの安心感がある国内取引所

 

「仮想通貨の取引所はどこがいいの?」
「信頼できる取引所で仮想通貨を購入したい」

このような考えの方にはSBI VCトレードがおすすめです。

SBI VCトレードは、国内の仮想通貨取引所の1つです。ネット証券大手のSBI証券や、住信SBIネット銀行などと同様に、SBIホールディングスが母体の取引所です。

国内の大きな会社が母体なので信頼ができ、仮想通貨の口座開設先として検討している人も多いのではないでしょうか。

また、SBI VCトレードには、手数料の安さやスマホアプリの充実、高いセキュリティといったおすすめポイントもあります。

今回の記事で口座開設方法を解説します。最短で当日中にサービスが利用できるので、口座開設を検討している方はぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

GMOコイン

 

SBI VCトレードの口座開設の流れ

「SBI VCトレードの口座開設の流れ」出典:https://www.sbivc.co.jp/support/?type=4&id=4

SBI VCトレードでの取引を始めるには「仮登録(メールアドレス登録)」、「本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)」、「お取引に必要なパスワードの受領※」の3ステップが必要です。

※本人確認書類の提出方法により異なります。

「SBI VCトレードの本人確認書類の提出方法」出典:https://www.sbivc.co.jp/support/?type=4&id=4

本人確認書類の提出方法は3種類あります。
・スマホでかんたん口座開設
・Webアップロード
・郵送

 

仮登録

「SBI VCトレード 口座開設」出典:https://www.sbivc.co.jp/

SBI VCトレードのホームページにアクセスします。右上に「ログイン」と「口座開設」のボタンがありますので、「口座開設」のボタンをクリックします。

「SBI VCトレード 新規口座開設」出典:https://account.taotao-ex.com/fork/signup

SBI VCトレード口座開設の画面になるので、赤色の「新規登録はこちら」と書いてあるボタンをクリックします。

「SBI VCトレード 口座開設メールアドレスの入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup

すると、メールアドレスの入力欄が表示されるので、登録したいメールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックします。

すぐに「確認メールの送信完了」と表示されるので、登録したメールアドレスのに送られてくるメールを確認します。

件名:【SBI VCトレード(旧TAOTAO)】登録メールアドレスを確認してください

上記の件名でメールが届きます。そこに記載されているURLをクリックして、パスワードの設定と口座開設の手続きを行います。※URLはメールの配信から24時間のみ有効です。

 

本登録

「SBI VCトレード パスワード設定」出典:https://account.taotao-ex.com/signup

まず最初に行うのが「パスワード設定」です。こちらで入力したパスワードをログイン時に使用します。
半角で8文字以上20文字以下で設定します。英小文字、英大文字、数字、特殊記号のうち3種類以上を使ってパスワードを設定してください。

パスワードを入力して「同意します」にチェックをいれて「登録」ボタンをクリックすると、設定は完了です。そのままログインをして、情報入力に進みます。

「SBI VCトレード 電話番号認証」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_phone

本人確認の一環として電話番号認証を行います。
・SMS認証
・電話認証
どちらかを選んで認証します。

「SBI VCトレード 認証コードの入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/verify_phone

今回はSMS認証で登録しました。すぐにSMSが届くのでそこに記載の認証コードを入力します。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/1

続いて、基本情報の入力を行なっていきます。
氏名や生年月日などの入力をします。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/1

性別や国籍、現住所を入力します。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/1

2022年3月31日まで、新規口座開設キャンペーンを行なっています。新規口座開設でもれなく1,500円相当の仮想通貨をもらえます。
プレゼントの通貨銘柄はリップル(XRP)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)から1つ選ぶことができます。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/2

続きの基本情報を入力していきます。
確認事項にチェックをつけて、職業を選択します。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/2

職業の詳細や年収、金融資産、投資経験を入力します。

「SBI VCトレード 基本情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/2

投資主要目的、開設のきっかけを選択して、サービス情報の案内メールを希望するか選んだら「次の画面へ」と進みます。

「SBI VCトレード 口座情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/3

出金先口座情報を入力します。

「SBI VCトレード 口座情報の入力」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/3

金融機関や口座番号、口座種別、口座名義を入力して「次へ」と進みます。

「SBI VCトレード 基本情報の確認」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/set_basic/4

基本情報確認」画面が表示されるので、入力した情報が正しいか確認します。

「SBI VCトレード 本人確認書類の選択」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/upload_choice

基本情報確認が済むと「本人確認書類選択」に進みます。
・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・健康保険証
・特別永住者証明書
・その他
以上から選ぶことができます。

「SBI VCトレード 本人確認方法の選択」出典:https://account.taotao-ex.com/signup/upload_method

「本人確認書類選択」で選んだ本人確認書類で本人確認を行います。
・スマホでかんたん本人確認
・郵送で本人確認
この2つから選択できます。

 

スマートフォンでの本人確認

「SBIVCトレード スマートフォンで本人確認」出典:https://account.taotao-ex.com/QrLink

「スマホでかんたん本人確認」を選んだ場合、スマートフォンでの手続きに移ります。表示されるQRコードをスマートフォンで読み込みます。

「SBI VCトレード スマホでログインする」出典:SBI VCトレード

スマホからログインします。先ほど設定したパスワードを入力してログインします。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

本人確認の流れは以下の順で行います。
1 本人確認書類の撮影
2 顔写真の撮影
3 リアルタイムチェック

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

本人確認書類を撮影します。
今回は「運転免許証」で確認をしています。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

画面の枠に合うように真上から運転免許証を撮影します。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

次に斜め45度から撮影します。画面に表示される枠に合わせればかんたんに撮影できます。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

最後に裏面の撮影です。枠に合わせて真上から撮影します。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

続いて、顔写真の撮影です。
スマートフォンを垂直に持ち、正面から撮ります。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

最後にリアルタイムチェックを行います。
指示に合わせてスマートフォンを動かして顔を枠におさめます。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

撮影が完了すると「処理中」の画面になり、しばらく待ちます。

「SBI VCトレード スマホで本人確認をする」出典:SBI VCトレード

上記の画面が表示されたら、口座開設の受け付けが完了です。

口座開設の審査が行われ、サービスの利用が可能になったら以下の題名でメールが届きます。

件名:【SBI VC Trade】サービス利用開始のお知らせ

今回は朝5:50頃に申請を行い、その日の夜19:30頃に利用開始ができました。

顔写真付きの本人確認書類とスマートフォンがあれば口座開設ができるでかんたんに仮想通貨の取引ができるようになります。

 

まとめ

今回はSBI VCトレードの口座開設方法をご紹介しました。

SBI VCトレードは、SBI証券などのSBIホールディングス内で培われた信頼できる技術やセキュリティを持っているので初心者でも安心して利用できます。

ぜひ今回の記事を参考にしてSBI VCトレードに登録して、仮想通貨取引にチャレンジしてみてください。

 

関連記事

 <最新版>ビットコイン/仮想通貨取引所比較ランキング!おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

日本のおすすめNFTマーケットプレイスは?それぞれの魅力と課題についてわかりやすく解説!

GMOコイン

スポンサー