日本初のNFTアートフェア「Meta Fair #01」が3月11日~3月13日に開催。

 

株式会社アトムが、リアルとバーチャルの両空間で150点以上の作品を展示・販売するNFTアートフェア「Meta Fair #01」を2022年3月11日(金)~3月13日(日)に東京で開催することを発表しました。

現代アートのアーティストが、NFTの専門家と手を組み開催されます。

内容は以下のようなものになると発表しています。

1.現代アートの第⼀線で活躍するアーティストによるNFT作品の展⽰

すでに現代アート市場で活躍するアーティスト、クリエイター、建築家が、新作となるNFT作品を展⽰します。

<参加アーティスト⼀覧>
会⽥寅次郎/相澤安嗣志/岩村寛⼈/M4K3/岡⽥裕⼦/鎌⽥美希⼦/KUSAMURA MAD RAT/⼩⼭泰介/佐藤浩⼀ + 梅沢英樹/丹原健翔/築⼭礁太/東城信之介/⼾⽥沙也加/花咲草/藤崎了⼀/藤元明 + 徳永雄太/MICHAEL RIKIO MING HEE HO/松⽥将英/三野新/⼭本華
(五⼗⾳順)

2.DIGITAL WALLET BOOTH

NFT作品を所有するために必要なデジタル⼝座の開設カウンターを設置します

※会場においてアンケートにご回答頂いた⽅を対象とさせて頂きます。

3.VIRTUAL EXHIBITION

永⼭祐⼦建築設計によるバーチャル美術館での展⽰を同時開催いたします。会場内に設置するVRヘッドセットからアクセスし、バーチャル会場でしか観られない作品も展⽰予定です。

NFTアートは、2021年から流行しているデジタル証明技術を利用したアート作品で、高値がつくものは億単位で取引が行われています。

NFTアートとは

今回発表されたNFTアートフェアの他にも、バーチャル空間などでNFTアートの展示会は行われており、有名アーティストの参加も見受けられています。

参考:株式会社アトム

 

関連記事

広告×NFTで業界が変わる!電通などが手がけるリアル世界でのNFTユースケースとは?

GMOコイン

スポンサー