ロールアップ(Rollups)とは?イーサリアムを躍進させる技術の仕組みについて初心者にもわかりやすく解説!

 

イーサリアムなど、スケーラビリティ問題に悩む仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトが、導入しようと開発が行われている「レイヤー2(セカンド)」。

そのレイヤー2で使われる技術の中に、ロールアップ(Rollups)と呼ばれるものがあります。イーサリアムで積極的に活用されようとしているロールアップについて、初心者にもわかりやすく解説します。

GMOコイン

 

ロールアップ(Rollups)とは?

ロールアップ(Rollups)とは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するため、レイヤー2で使用される技術です。ロールアップを使用することで、レイヤー2で安全に、かつ素早くデータ処理を行うことができるとされています。

ロールアップとは

ロールアップは、もともとイーサリアム考案者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏などによって提案された「Plasma(プラズマ)」と呼ばれる技術から派生しています。しかし、プラズマとロールアップは異なる性質を持っていることなどから、別の技術として説明されることが多いです。

ロールアップは現在、イーサリアムで積極的に採用されようとしているレイヤー2プロジェクトで用いられる技術であるため、仮想通貨業全体としても非常に注目度の高い技術です。

 

ここまでの説明は、初心者の方には少しややこしかったと思いますので、「スケーラビリティ問題とは」「レイヤー2とは」をまず説明します。これらが理解できると「ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するため、レイヤー2で使用される技術」であるロールアップについても、理解を深めることができます。

 

スケーラビリティ問題とは

スケーラビリティ問題は簡単に言えば、イーサリアムなどのブロックチェーンが抱える問題で、膨大なデータ量を処理しきれない(処理するのに時間がかかってしまう)というもの。

スケーラビリティ問題とは

例えば、現在のイーサリアムでは、多くの人がイーサリアム上のアプリケーションを利用した場合、データを処理するブロックチェーンの容量がいっぱいになってしまうため、処理の遅延などが発生する状態になってしまいます。

「ワールドコンピューター」として利用されることを想定して作られているイーサリアムにとって、データ処理に遅延が生じてしまうことは非常に大きな問題となります。

これが「スケーラビリティ問題」と言われる、ビットコインやイーサリアムが抱える課題です。

〜スケーラビリティ問題について詳しくはこちら〜

スケーラビリティ問題とは?仮想通貨の課題と解決する技術について初心者にもわかりやすく解説!

 

レイヤー2とは

そんな仮想通貨を悩ませているスケーラビリティ問題を、解決すると注目を集めているのが「レイヤー2(セカンド)」と呼ばれる技術です。

レイヤー2(レイヤーセカンド)とは、「レイヤー1」であるブロックチェーン以外の部分でデータ処理をする際に使用されるチェーン、またはその技術のことを言います。

ビットコインやイーサリアムなどで使用されているブロックチェーンと合わせて利用することで、膨大な量のデータ処理を行うことや、よりスピード感のあるデータ処理を行うことができるとされています。

レイヤー2(レイヤーセカンド)とは

レイヤー2(レイヤーセカンド)と一口に言っても、様々なパターンの技術があり、いくつものレイヤー2プロジェクトが進められています。特定のデータのみを処理するために開発されているものや、すべてのデータを丸ごとレイヤー2で処理するものなどがあります。

レイヤー2の技術自体が開発段階のため、言葉の定義はその時やそのプロジェクトなどによって異なることが多いです。

ただ、大元であるレイヤー1の補完的な役割を目指していること、そしてレイヤー1以外の部分でデータ処理を行うのを目指していること、などの技術やプロジェクトが総称して「レイヤー2」と呼ばれてます。

レイヤー2によってスケーラビリティ問題は解決されるのではないか、と言われ、近年注目を集めています。

〜レイヤー2について詳しくはこちら〜

レイヤー2(セカンド)とは?仮想通貨の今後を占う最新技術を初心者にもわかりやすく解説!

 

ここで、ロールアップについて再度確認します。ロールアップ(Rollups)とは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するため、レイヤー2開発で使用される技術でした。

つまり、ロールアップは上記のようなレイヤー2において、使用されている技術(コア技術)の中の一つ、ということなのです。レイヤー2で使用される技術はロールアップ以外にもいくつかあります。

イーサリアムではレイヤー2で使用される技術に、先述した「プラズマ(Plasma)」や、「ステートチャネル(State channels)」などと呼ばれるものがあります。そんな中でもロールアップは、特に非常に注目を集めている技術です。

 

ロールアップのメリット

ロールアップという技術をレイヤー2で利用することで、以下のようなメリットがあります。

・データ処理のスピードUP

・手数料が下がる

・誰でも参加できる

そもそもレイヤー2は、上記のような利点を目指してどれも開発されているため、上記はロールアップだけに言えるメリットではありません。しかし、これらのメリットは同時に叶えることが非常に難しいのです。

その難題に対し、ロールアップは解決できそう、ということで注目を集めいています。ただし、まだロールアップも現在では完全に解決できた、というところまでは行っていません。

ちなみに3つ目のメリットである「誰でも参加できる」という点は、ビットコインやイーサリアムのようなオープンなネットワーク形成ができる(一部の参加者に権限が集中していない)ということです。

一部の参加者に権限を集中させる、という解決策をとる場合はレイヤー2とは基本的にみなされません。なぜならスケーラビリティ問題は、一部の参加者に権限を集中させていないブロックチェーンにのみ見られる課題だからです。

〜この点について詳しくは以下で学ぶことができます〜

ブロックチェーンのトリレンマとは?仮想通貨が抱える課題と、それを克服する技術をわかりやすく解説!

 

ロールアップと他の技術との仕組みの違い

ロールアップが、イーサリアムの他のレイヤー2技術であるプラズマ(Plasma)や、ステートチャネル(State channels)と比べて注目される理由の一つに、その仕組みの違いがあります。

ロールアップ以外の二つの技術は、データ処理の多くをレイヤー2で処理することを目指しているものですが、ロールアップではデータ処理の一部をレイヤー2で行い、レイヤー1であるイーサリアムブロックチェーンにも処理の一部を残していることが特徴の一つとして挙げられます。(より正確には、トランザクションの証明をレイヤー1で行う、というものです)

その点においてロールアップは「ハイブリッド」なレイヤー2技術である、のような言い方をされます。

例えて言うのであれば、ロールアップでは、重要な部分についてはレイヤー1の力を借りて実行し、セキュリティを維持したままレイヤー2でも実行を行うことで全体としてレイヤー1だけで処理するよりも早い、かつセキュリティを維持した処理が可能になっています。

また、これらの仕組みにより、他のレイヤー2技術ではレイヤー1であるイーサリアムブロックチェーンからレイヤー2プロトコルへ引き出したり預け入れたりするのに数日間かかるものが、ロールアップではすぐに行える可能性がある、などの利点もあります。

ロールアップから派生したモデルは主に2つあり、Optimistic Rollup(オプティミスティック ロールアップ)とzk-Rollup(ジーケー ロールアップ)が主要なものとして注目されています。ロールアップという技術を利用しているレイヤー2技術でも、さらに細分化されて開発されているのです。

 

ロールアップの開発状況

ロールアップという技術は、あくまでレイヤー2のコア技術であり、ロールアップがレイヤー2になる、というものではありません。ロールアップの技術を利用している先述の「Optimistic Rollup」や「zk-Rollup」が、レイヤー2技術としてイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決していく(目指す)ものとなります。

 

オプティミスティック ロールアップ(Optimistic Rollups)

オプティミスティック ロールアップ(Optimistic Rollups)は、イーサリアムのレイヤー2で使用される技術、またはそのモデルです「オプティミズム(Optimism)」というレイヤー2プロジェクトで実装されています。

オプティミスティック ロールアップを実装しているオプティミズムは、2019年に発表され、2021年にメインネットがローンチされています。すでにいくつものアプリケーションでオプティミズム ロールアップを使用することができます。

オプティミスティック ロールアップとは

レイヤー2プロジェクトであるオプティミズムを運営するスタートアップである「Optimism」は、仮想通貨業界で有名な投資家の一人、アンドリーセン・ホロヴィッツ(Andreessen Horowitz:通称a16z)氏からも出資を受けるなどしており、業界では非常に注目されています。

 

このように、ロールアップの開発状況について知りたい場合には「Optimistic Rollup」や「zk-Rollup」についての状況をチェックするといいでしょう。いつロールアップの技術が花開くかは今の所わかりません。しかし、イーサリアムではイーサリアム2.0とレイヤー2技術はともに重要課題として開発が進められています。

そのため、そう遠くない未来でこれらロールアップ技術を利用したレイヤー2プロジェクトをユーザーが使えるようになる日も来ることでしょう。

 

関連記事

<最新>イーサリアム2.0とは?将来性・価格・いつ?・今後の予定などをわかりやすく紹介!

イーサリアムの仕組みを非エンジニアでも理解できるよう解説!ビットコインを超える存在?

イーサリアム(ETH)取引所比較ランキング<最新>おすすめはどこ?選び方/手数料/ 評判も紹介!

GMOコイン

スポンサー