パレットトークン(PLT)とは?国内初のIEOを成功させた仮想通貨の将来性・評判・今後を解説

 

パレットトークン(PLT)は、NFTに特化したプライベートブロックチェーンであるパレットチェーンで流通する暗号資産です。

また、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「パレット」で用いられる暗号資産でもあります。

パレットは2021年7月に国内初のIEOを成功させ、最近では同プラットフォームでのPlay to Earnゲームのリリース予定を次々に公表するなど、今とても勢いのあるプラットフォームです。

このページではパレットチェーン、および用いられるパレットトークンについてわかりやすく解説します。

パレットトークンを買うなら

パレットトークンを買うならCoincheck(コインチェック)がおすすめ!

・初心者に大人気の取引所
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・NFTも買える!

コインチェック

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料!!★☆
Coincheckの公式サイトへ

〜その他のIEOスケジュールはこちらから!〜

 

パレットトークン(PLT)とは?

出典:https://hashpalette.com/service

 

パレット(Palette)は、株式会社HashPalette(ハッシュパレット)が開発・運営している日本発のブロックチェーンネットワークです。パレットで発行されている独自トークンが、「パレットトークン(PLT)」です。

パレットの特徴の1つには、NFTに特化したプライベートチェーンであることが挙げられます。

多くのブロックチェーンはパブリックブロックチェーンと呼ばれる「誰もが参加できるネットワーク」の形態をとっています。

一方、パレットが該当するプライベートブロックチェーンは、ブロックチェーンネットワークの管理者が存在し、参加には管理者の許可が必要なネットワークになっています。

さらにパレットはプライベートチェーンの中でも、複数企業によって構成されるパレットコンソーシアムによって運営を⾏うコンソーシアム型プライベートチェーンという形態をとっています。

 

パレットトークンの歴史

パレットチェーンで流通しているパレットトークンが誕生したのは2021年7月です。

当時、パレットトークンはコインチェックで国内初のIEO(Initial Exchange Offering)を成功させて注目を集めました。

IEOとは、暗号資産取引所の協力のもと、暗号資産を用いて企業がプロジェクト推進のために資金調達をする方法です。

暗号資産を用いて資金調達を行う方法は、IEO以外にICOという手法もあります。しかし、ICOでは詐欺が横行したため信頼性も低く、現在ではほとんど利用されていません。

IEOの直後、パレットトークンは1PLT=約47円の価格を付けました。その後、20円台まで下落した後、2022年4月には再び約47円まで上昇しました。

これは4月1日にNFTマーケットプレイス「PLT Place」をローンチした影響だと考えられます。

 

パレットが目指すもの

パレットはNFTやエンターテインメントに特化したブロックチェーンをめざしています。これには大きく2つの理由があります。

1つめは、日本の強みであるアニメや漫画などのコンテンツ産業が、NFTと親和性が高いためです。

2021年以降、国内外でNFTが盛り上がり始めました。現在ではアートや音楽などのコンテンツが多様な形でNFTと結びつき、日々新しいデジタルコンテンツが誕生しています。

そこでパレットは、NFTに特化したブロックチェーンを構築することで、従来からの日本の強みであるコンテンツを最大限に活かすことを目指しています。

2つめの理由は、イーサリアムなどのパブリックブロックチェーンに見られる汎用性よりも、特定の領域に特化したチェーンを作る方がより良質なユーザー体験を届けられると考えているためです。

イーサリアムは世界的に利用されている大規模なチェーンです。スマートコントラクト機能を持ち、DeFiやNFTなど実に多くの領域で活用できる汎用性を持っています。

その反面、NFTなど特定のジャンルのみでの利用においてはオーバースペックでもあり、多方面で利用されていることによるトランザクション処理件数の多さやガス代の高騰は大きな問題でもあります。

そこでパレットは、NFTやエンタメに特化したチェーンを作ることで、この領域における快適で良質な体験をユーザーに届けることを目指しています。

Coincheckの公式サイトへ

パレットチェーンの特徴

出典:https://hashpalette.com/service

パレットチェーンには、以下の3つの特徴があります。

  • コンセンサスノードによるガバナンス
  • クロスチェーン対応
  • 手数料の安定化、低価格化

 

コンセンサスノードによるガバナンス

パレットチェーンでは、複数企業によって構成されるパレットコンソーシアムによって、パレットチェーンの仕様変更などに関するガバナンスを⾏います。

イーサリアムでは、多様なステークホルダーが存在することや、開発者・ノードが広く分散していることから、仕様変更には複数の関係者による合意が必要となります。

このため、NFTやエンターテイメント領域に特化してブロックチェーンの設計を更新したり、機能追加を⾏うことは⼀般的に困難になっています。

一方、パレットはNFTに特化したネットワークになっており、迅速に意思決定を⾏うことが可能です。

ガバナンスは、コンソーシアムのメンバーによって分散的に行われます。

通常は、コンソーシアム型を含むプライベートチェーンの場合、パブリックブロックチェーンに⽐べてブロックチェーンの運⽤が中央集権的に⾏われ、分散型システムとしての特徴を失ってしまうデメリットが存在します。

そこでパレットでは暗号資産を報酬とし、迅速でありながら分散性も損なわないコンソーシアムを構築しています。

暗号資産をインセンティブとして活用し、コンソーシアムのメンバーが分散的にチェーンを運⽤することを促しています。

 

クロスチェーン対応

パレットチェーンは、イーサリアムを含む複数のブロックチェーンとの相互運用が可能になっています。

NFTの経済圏拡大を目指すにあたり問題となるのが、NFTが複数の異なるブロックチェーン間を⾃由に移動するためのクロスチェーンインフラが⼗分に整理されていないことが挙げられます。

一方、NFTの魅⼒の1つとして、あるアプリケーションの中で発⾏・販売されたデジタルアイテムであっても、ブロックチェーンを介してサービス内に留まらずに広く流通することが可能である点があります。

Aというゲームで発行したNFTが、Bという異なるゲームでも利用できるというイメージです。

しかし、クロスチェーンのインフラが整備されていないことが障害となり、上記のような魅力が実現困難になっているケースが多く見られます。

そこでパレットは、イーサリアムのみならず多様なブロックチェーンと相互運用を可能にすることで、NFTを中⼼とした経済圏の拡⼤を促進することを目指しています。

 

手数料の安定化、低価格化

パレットでは取引にかかる手数料の安定化、低価格化を実現しています。

イーサリアムのような汎用性のあるブロックチェーンの場合、NFTに限らず、DeFiや新規の暗号資産発行など、非常に多様なユースケースが存在します。

特にDeFiに関連する取引などは取引単価が⾼く、かつ⾼頻度でトランザクションを発⽣させるアプリケーションも存在するためガス代が高騰・不安定化します。

一方、パレットチェーンは用途をNFTに特化しているため、上記のようなガス代高騰の要因を回避することができ、その結果として手数料の安定化、低価格化が可能になっています。

パレットトークン(PLT)の評判・口コミ

ここでは、パレットトークン(PLT)の今後について、評判や口コミを紹介していきます。

 

 

avatar

評判・口コミ

パレットは国内発のNFTプラットホームということで期待しています。日本はNFTと非常に親和性が高いので、これからWeb3.0の時代が本格的に到来したら非常にユースケースが増えるプラットホームになるのではないかと思っています。そこで利用されるPLTトークンは、投資家やクリエイターから注目を集めることになる可能性が高いと思います。まだ、海外から目をつけられていない段階で私は収集しています。(40代女性)

 

avatar

評判・口コミ

NFTはまだ始まったばかり。そのため、パレットもパレットトークンもこれからだと思います。国内初のIEOということで注目されることが多いパレットトークンですが、実際は使えるブロックチェーンプロジェクトを目指して開発されているので、これからに注目しています。日本の大手企業が開発に協力することで、さらにパレットの開発は加速していくことでしょう。(30代男性)

Coincheckの公式サイトへ

PLTの今後・将来性

最近のニュース

出典:https://hashpalette.com/news/2022-02-02-press-11

NFTに特化したプラットフォームだけあって、パレットは2022年に入ってから次々とNFTを用いたP2Eゲームのリリース予定を公表しています。

大きく話題になったP2Eゲームには、以下の3つがあります。

  • De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)
  • CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティ)
  • ELF Masters(エルフマスターズ)

「De:Lithe Φ」は日本初のゲームトークンIEOを、「CryptoNinja Party!」もそれに続いてゲームトークンのIEOを目指しています。

De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)トークンとは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

また、ELF MastersはゲームNFTの第二回セール抽選の応募額が27億円を突破するなど、いずれも大きな話題になっています。

日本のNFT産業、特にP2Eゲームを語るにあたって、パレットの動きを追うことはもはや必須といえるほどになっています。

 

価格の推移

PLTの価格推移
PLTの価格推移(出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/plt-token/)

パレットトークンは、2021年7月29日に販売価格4.05円からスタートしました。上場初日にその価格は約11倍の46円に到達し、その後も価格は右肩上がりに上昇。2021年8月23日には、最高値である98.898円を記録しました。

8月以降も価格は比較的安定し60円~70円を推移、2021年10月31日時点で51.15円と、IEOの販売価格を上回る推移で動いています。その後暗号資産市場の下落と共に、2022年8月時点では約22円となっています。

今後、PLTはパレットのエコシステムの拡大や、開発ロードマップの進捗によって価格が上昇して行く可能性があります。ただし、NFTのプラットホームプロジェクトは多く存在するため、今後パレットの需要が減ってしまうとPLTの価格も下がっていく可能性があります。そのため、PLTの価格はパレットの需要、そして開発次第と言えるでしょう。

Coincheckの公式サイトへ

PLTは儲かる?

PLTは値上がりによって儲けを狙うことができます。価格が低いところで購入し、高いところで売却すれば、その差額が利益となります。PLTの取引で儲かるかどうかは、他のNFTプラットホームが発行している仮想通貨の価格推移やPLTが持つポテンシャルなどを分析してみると良いでしょう。

また、PLTで儲けを出そうと思った場合には貸暗号資産(レンディング)で増やすのも一つの手です。レンディングとは、取引所などに仮想通貨を預けて、利息を得ることができるサービスです。

PLTは、コインチェックでレンディングを行うことができます。

Coincheck(コインチェック)の貸暗号資産はおすすめ?<最新>やり方・利回り・デメリットについて解説!

PLT(パレットトークン)の買い方

PLT(パレットトークン)の買い方を解説していきます。仮想通貨を買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(基本開設費は無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了
  4. 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)
  5. 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)
  6. 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、ほとんどの取引所で500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

初心者の方に人気があるのは、使いやすい操作画面や、手数料が安いCoincheckです。もし購入してみたい方は、無料でできるので口座開設をしてみていただければと思います。

★Coincheck(コインチェック)の口座開設はこちらからどうぞ★

コインチェック

PLTを買う際にかかる手数料は?

PLTを買う際にかかる手数料は、1万円分のPLTを買った場合、Coincheckでは0円です。

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0%=0円(取引所利用)

手数料0円で、PLTを1万円分買うことができてしまいます。想像以上に安く買うことができるのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所比較

ビットコインを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「ビットコイン」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にビットコインを購入しましょう。

(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 JPY入金 JPY出金 BTC出金 販売所 レバレッジ レンディング 公式サイト
おすすめ!GMOコイン -0.01~-0.03%(M)0.05~0.09%(T) 22 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
コインチェック(Coincheck) 0% 19 無料~ 407円 0.0005BTC~ あり なし 公式サイト
bitbank(ビットバンク) -0.02(M)0.12%(T) 18 無料 550円/770円 0.0006BTC あり なし 公式サイト
DMM Bitcoin 0% 20 無料 無料 無料 Bit Match 2倍 - 公式サイト
SBI VCトレード -0.01(M)0.05%(T) 12 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
FTX Japan 0.02%(M)0.07%(T) 12 振込手数料実費 無料 0.01BTC以上:無料 あり 2倍 - 公式サイト
BITPOINT 0% 14 無料 振込手数料実費 無料 なし 2倍 公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 17 無料/330円 220円〜770円 0.0004BTC あり 2倍 - 公式サイト
楽天ウォレット 無料 3 無料 300円 0.001BTC あり 2倍 - 公式サイト

※2022.9.1.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※手数料は現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかります ※DMM Bitcoinはレバレッジ取引含む

〜ビットコイン取引所の比較はこちらから〜

ビットコイン・仮想通貨取引所比較ランキング<最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

まとめ

パレットはNFT・エンタメに特化したブロックチェーンであり、暗号資産はパレットトークンが用いられています。

上記の領域に特化することで、イーサリアムのような汎用性の高いブロックチェーンにはない強みを獲得することに成功しています。

また、国内のP2Eゲーム市場をリードする動きを多数見せている点も注目です。

パレットトークンはCoincheckで取り扱っていますので、興味が湧いた方はぜひ手にとってみてください。

TOP画像:https://hashpalette.com/

 

関連記事

フィナンシェトークンとは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)トークンとは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

IEOの今後のスケジュール一覧

パレットトークンを買うなら

パレットトークンを買うならCoincheck(コインチェック)がおすすめ!

・初心者に大人気の取引所
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・NFTも買える!

コインチェック

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料!!★☆
Coincheckの公式サイトへ

スポンサー