海外で大人気の仮想通貨取引所Bybit(バイビット)とは?概要から魅力、リスクまで徹底解説

 

海外だけでなく、日本でも人気の仮想通貨取引所であるBybit(バイビット)。

なぜBybitが世界の投資家から選ばれるのか、気になっている方もいらっしゃいますよね。

Bybitには、他の仮想通貨取引所にはない魅力が多くあります。

この記事では、Bybitの概要や魅力を通して、仮想通貨トレーダーの中で人気を獲得している理由を紹介していきます。

GMOコイン

 

Bybitとは

出典:https://www.bybit.com/ja-JP/

Bybitは、グローバルで最も急速に成長している仮想通貨取引所の一つです。2018年3月に設立されたばかりの若い取引所ですが、驚くべき速度で顧客を獲得しています。

シンガポールに本社を置くBybit社は、KYC検証(本人確認作業)を実行する必要がない利便性も相まって、現在一日に10億ドル近くの取引高を生み出しています。

専用のアプリでスマートかつ安全な取引を可能にしていて、さまざまな高度な取引ツールを駆使することができます。

Bybitでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)などの仮想通貨は最大100倍のレバレッジを使用して取引可能。

Bybitで取り扱っている通貨の多くは人気銘柄が多いです。そのため仮想通貨初心者もエントリーしやすく、現在はユーザー数120万人以上を超える人気取引所になってきました。

現在は現物取引も可能で、40種類以上の仮想通貨を取り扱っていますが、元々はレバレッジ取引がメインのデリバティブ仮想通貨取引所です。

 

デリバティブ仮想通貨取引所という特徴

デリバティブとは、先物取引やオプション取引などの、「金融派生商品」を総称してそう呼ばれます。

「デリバティブ」という英単語の意味は「派生的、副次的」です。「もともと存在している何かから二次的に発生している」という意味であり、金融商品=株や債権、をもとにして派生して生まれたものがデリバティブと呼ばれる金融商品です。

株や債権などのもともとの金融商品におけるリスクを低下させたり、リスクを覚悟して高い収益性を追及する手法として考案されているのがデリバティブです。

デリバティブの具体例は、後ほど後述しますが、ここではデリバティブとは金融商品の一部で、リスクを低下させたり、高い収益性を追及する手法として取引するものなんだという理解で大丈夫です。

つづいてそんなデリバティブに強い取引所であるBybitの魅力を5つ紹介していきます。

 

BYbitの魅力

1 外出先での価格変動にも対応しやすい

専業のトレーダーでない限り、常に値動きをチェックすることは不可能です。

特に仮想通貨の場合、「目を離した時に大暴落していた」のようなことが起きるリスクがあります。

Bybitは、ユーザー目線を大事にしており、外出先でも設定した金額より値上がりしたり、値下がりした時にスマホに通知がくるのです。

また24時間年中無休のカスタマーサポートとのライブチャットが可能で、疑問点などをすぐ解決できます。

Bybitは日本語に完全対応していて、日本人スタッフによるサポートを受けることもできるのでとても使いやすいです。

 

業界最高のスプレッド幅

Bybitで取引すると、スプレッド(手数料)が非常に安いです。

スプレッドが狭い仮想通貨取引所はどこ?<最新>手数料としての意味や、おすすめの取引所などを初心者にもわかりやすく解説!

通常の取引所で購入した場合、特に販売所形式だった場合は、買った瞬間に数万円以上損していることがよく起きています。

なぜ損するかと言うと、買った額に対して、実際に売れる金額の差が大きいからです。10万円で買ったのに、買った瞬間に8万円でしか売れないなんてことが起きてしまいます。

Bybitは、このスプレッド(買った額と売れる額)の幅が、業界トップクラスの小ささなので手数料が安く済みます。

 

サーバーダウンしない事で、暴落時でも迅速な取引が可能

Bybitはトレーディングエンジンが業界トップと言われています。

Bybitは、1秒あたり100,000のトランザクションを処理できると述べています。これは、競合他社よりも大幅に高速です。

このトレーディングエンジンが強いことはどんな時に役立つかというと、例えば暴落時です。

暴落タイミングでは世界中から、売りの注文が殺到します。その際、サーバーダウンすることが、一般的な取引所ではよくあります。そうなると売りたいタイミングで売れないので、ユーザーは大きく損してしまいます。

多くの取引所が直面しているサーバーのダウンタイムを回避するために、BybitのサーバーはシンガポールのAmazon Web Services(AWS)にて管理されており、非常に強固なのが大きい魅力です。

 

セキュリティ対策が万全なので安心して使える

Bybitは、セキュリティ対策に対して予算の20%を執行しているようです。

実際、Bybitのセキュリティ対策は、非常に高いと業界内でも評判です。

Bybitは「コールドウォレット」と「マルチシグ」の2種類を使用してユーザーの資産を管理しています。

  • コールドウォレット:オフラインで管理しているため、ハッキングに強い
  • マルチシグ:複数人の承認がないと仮想通貨を送金不可能

一般的な仮想通貨取引所は15%と言われているので、いかにBybitがセキュリティに力を入れているのかわかるでしょう。

 

最大100倍のレバレッジ

Bybitで最大100倍のレバレッジで仮想通貨を取引できます。

ユーザーは、利用可能な15の通貨をロングまたはショートすることができます(それぞれ、価格の上昇または下降に賭けることを言います)。

これは、1万円の投資から100万円分を取引できることを意味します。

経験豊富なトレーダーは、レバレッジ取引から高い利益を得ることができます。一方で、経験が浅いトレーダーにとってはリスクを増大させることになってしまうので気を付けましょう。

続いて、Bybitなどの海外取引所で取引するリスクについて紹介します。

 

Bybitおよび海外取引所のリスク

デリバティブ自体のリスク

そもそもデリバティブはハイリスクハイリターンを狙う金融商品、という側面があります。

イメージしにくいと思いますので、具体例を説明します。

5倍のレバレッジで、10万円のビットコインをロングで購入した場合、あなたの総投資額は50万円になります。

50万円から10万円を引いた40万円がBybitへの借金といえます。

もし値上がりではなく、ビットコインが20%値下がりした時には、総資産は50万円から20%分下がり、40万円の価値しかありません。

そうなった場合、最初に購入した10万円はその時点で没収です。もし直後に値上がりしたとしても、没収されてしまうと取り戻せませんのでリスクは大きいことがわかります。

一方、Bybitはユーザーに優しいゼロカットシステムが採用されているので、トレードに失敗しても入金額以上を失うことがありません。

上記の例で言うと、10万円より多い額を失うことがありませんが、他の海外取引所ではそれ以上の追加請求がある場合もあります。

 

KYCがない

Know Your Customer(KYC)チェックがないことはリスクでもあります。

KYCとは本人確認作業のことです。

後述しますが、Bybitではメールアドレスだけで口座を開設できます。

お金のやり取りをする銀行や証券口座を開設する際に必要な情報が、メールアドレスのみというのは確かに画期的です。

ただし、もしBybitが倒産したりすると、アカウントが凍結される可能性があるため、これは大きなリスクです。また、日本の法改正により、海外取引所を利用することができなくなる可能性もあります。つまり、お金にアクセスできなくなるのです。

KYC(本人確認)がないため、第三者も本人と確認できる術がないため、お金が戻ってこない可能性も高いのはリスクと考えましょう。

 

Bybitの始め方

前述しましたがBybitにはKYCチェックがないため、アカウントを開設するために必要なのはメールアドレスのみです。

メールアドレスを設定したら、Bybitから公式登録のリンクがついた自動返信メールくるので、その後は指示通りに動作を進めていくと開設できます。作業としては1分かからないでしょう。

しかし、これだけではセキュリティが心配なので、必ず二段階認証をセットで実施しましょう。

  1. Bybitにログインする
  2. 管理画面右上にあるアカウント名から「アカウント&セキュリティ」をクリック
  3. 二段階認証の項目にあるSMSベースかアプリベースを選択する

二段階認証も数分で終わるので、アカウント開設後すぐに対応しておきましょう。

Bybitは日本語対応している数少ない海外取引所であり、その点もありがたいです。

英語だけだと、初期設定や操作でつまづいて間違えてお金を失うこともあるので、日本語対応のBybitは安心でしょう。

 

Bybitの取り扱い仮想通貨

2022年2月現在、Bybitでは130種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

日本国内で多くの種類の仮想通貨を取り扱うCoinCheck(コインチェック)ですら17種類の仮想通貨しか取り扱っていません。

Bybitの取り扱い通貨数の多さがわかりますよね。

一方で、Bybitとよく比較される海外取引所であるBINANCE(バイナンス)は400種類を超えています。

Bybitは、海外取引所のなかでは決して取り扱い数が多いわけではありません。しかし、取り扱い通貨数だけでは取引所の優劣は決められません。例えばBINANCEでは最大レバレッジが20倍ですが、Bybitは最大で100倍のレバレッジかつ無期限契約が可能なため、自由度は大きいともいえます。

 

まとめ

Bybitは最大100倍のレバレッジ可能ともお伝えしましたが、初心者の方は10倍以上のレバレッジはあまりおすすめできません。

仮想通貨はそもそもボラティリティも高いです。ご自身のリスク許容度に応じて選択していただければと思いますが、まずは多くても2〜3倍レベルをおすすめします。

とはいえBybitは使い方もシンプルで、本人確認なしで手軽に口座開設できるので、これから海外取引所で取引しようと考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

バイナンスアーンとは?9種類の運用方法・仮想通貨を増やす方法を初心者にもわかりやすく解説!

海外取引所・DeFiが使えなくなる?自主規制規則の改正案を初心者にもわかりやすく解説!

GMOコイン

スポンサー