<最新>Zaif(ザイフ)はおすすめ?評判・特徴・手数料・使い方などを紹介!

 

仮想通貨(暗号資産)取引所「Zaif(ザイフ)」について徹底的に解説をします。仮想通貨を始めるにあたり、Zaifがどのような人におすすめなのか、Zaifの特徴、Zaifが他の取引所よりも優れている部分はどこなのか、お得な利用方法、使い方、売買方法などをわかりやすく解説します!

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならGMOコインがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

GMOコイン

★☆お得なキャンペーンも開催中!!最短10分で口座開設★☆ GMOコインの公式サイトへ

 

Zaifのスペック

取引所名 Zaif(ザイフ)
取り扱い仮想通貨 14種類
売買手数料 無料〜
日本円入出金手数料 入金)実費 出金)385円/770円
暗号資産入出金手数料 0.0001BTC〜(変動制)
レバレッジ 2倍
提供サービス 取引所(Orderbook trading)/販売所/コイン積立/Zaif Payment
アプリ ◯(ウォレット)
お得な提携銀行 住信SBIネット銀行

※2022.7.14.最終更新 

〜取り扱い仮想通貨一覧〜

BTC ETH BCH XEM XYM COT MONA FSCC CICC NCXC
詳細 詳細 詳細
ZAIF CMS:XEM CMS:ETH XCP

 

Zaif(ザイフ)はどんな人におすすめ?

Zaifは、初心者に非常におすすめできる仮想通貨取引所です。Zaifは仮想通貨取引所の中でも歴史が古く、2016年の設立となっています。老舗の仮想通貨取引所で、ファンも多く、古くから仮想通貨に触れている人もたくさん利用している取引所となっています。

売買手数料も安く設定されており、最初の仮想通貨取引所としては非常におすすめの取引所です。珍しい仮想通貨が取り扱われていることや、珍しい取り組みが行われることから「他と少し違う取引所がいい」という方にはおすすめです。

初心者の方でも使いやすい操作性も人気の一つです。

Zaifはこんな人におすすめ!

  • 老舗の仮想通貨取引所がいい、という方
  • 売買画面がわかりやすい方がいい、という方
  • 珍しい仮想通貨を売買してみたい、という方
  • IEOに参加してみたい、という方

 

おすすめポイント1「運営会社がフィスコのグループ会社!」

Zaifは、投資情報を発信する大手企業であるフィスコのグループ会社が運営しています。仮想通貨取引所は、ベンチャー企業が多いため大手企業が運営する取引所は人気があります。フィスコグループは金融業界で長年の実績があります。同じ金融サービスである仮想通貨取引所についても、運営体制を信頼することができます。

フィスコグループは積極的に仮想通貨事業へ参入しているため、仮想通貨取引所はその根幹とも言うことができ、今後も体制を整え、金融庁と連携を取りながら運営を行なっていくことが予想されます

 

おすすめポイント2「手数料が安い!」

Zaifは、大手仮想通貨取引所の中でも売買手数料が安いです。販売所の売買手数料は無料で、仮想通貨を購入する際には手数料がかかりません。※ただし、販売所などでは売買の際にスプレッド手数料がかかるので注意が必要です。

また、日本円をZaifに入金する際の振込み手数料は、「住信SBIネット銀行」を利用することで、非常にお得に入金することができます。銀行振込みは数百円かかることが多いため、ネット銀行を利用することで日本円の入金手数料が安くなるのは魅力の一つと言えるでしょう。

 

おすすめポイント3「積立を行うことができる!」

Zaifでは、仮想通貨の積立投資を行うことができます。

仮想通貨は、値上がりや値下がりの幅が他の投資商品よりも大きい傾向があることや、長期的には値上がりすると考えている人が一定数いることから、よりリスクを減らした投資方法として仮想通貨の積立は初心者の方に人気があります。

Zaifの積立投資は1000円から行うことができます。さらに解約はいつでも行うことができるため、非常にお手軽に始めることができます。積立投資のサービスを行なっていない取引所もありますので、積立投資を検討している方はZaifで口座を開設しておくといいでしょう。

 

おすすめポイント4「珍しい仮想通貨を買うことができる」

Zaifでは、他の国内仮想通貨取引所では上場されていない仮想通貨を購入することができます。

  • コスプレトークン(COT)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ザイフ(ZAIF)
  • カウンターパーティー(XCP)

などを売買できます。独自のサービスを展開しているため、今後も他の仮想通貨取引所ではあまり見られない仮想通貨が上場される可能性もあり、要チェックです。

 

おすすめポイント5「IEOに参加することができる」

Zaifでは、IEOに参加することができます。

IEOとは、仮想通貨取引所が間に入り行われる、仮想通貨を利用した資金調達方法のことを言います。「Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」の略で、2019年ごろから新しい資金調達方法として注目を集めだしました。

IEOは企業が仮想通貨(トークン)を発行し、仮想通貨取引所を介して投資家に売ることによって資金を調達します。仮想通貨取引所が、IEOで発行する仮想通貨や発行企業を責任持って審査するため、どのような企業でもIEOができるという訳ではなく、仮想通貨取引所による一定の審査が行われる、というのがIEOの大きな特徴です。

IEOとは

株式などの上場に似ているので、株式の新規上場「IPO」の仮想通貨版、とイメージするとわかりやすいでしょう。

※ただし、審査内容や審査に関わる団体、そして投資家にとっては税制などが異なるため、単純に「IPOと全く同じ」とは考えない方が適切です。

〜Zaifで行われる予定のIEO第一弾は以下です〜

Skeb Coin(スケブコイン)とは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

 

Zaifの評判・口コミ

Zaifは比較的古くから運営されているため、利用者から様々な声が上がっています。ここではZaifの評判・口コミを紹介します。

 

良い口コミ

・初心者におすすめの取引所だということだったので、利用してみました。今まで投資経験がなかったのですが、非常にわかりやすい操作性で、無事に仮想通貨を購入することができました。ビットコイン以外にもたくさん種類があるみたいなので、次は他の仮想通貨も購入してみたいです。(30代女性)

・珍しい仮想通貨が取り扱われていたので口座開設してみました。キャンペーンもやっていたのでお得に仮想通貨を購入することができ、口座開設してみて良かったと思いました。(20代男性)

・昔から様々な取り組みをおこなっている仮想通貨取引所、という印象があります。NFTが流行るかなり前からNFTを利用したサービスや、取引所の独自トークン、そしてICOなどをおこなっていたためよく知っています。今後も面白いサービス展開に期待しています。(30代男性)

 

悪い口コミ

・販売所のスプレッドは買いと売りで大きな開きがあることがあるため、販売所で仮想通貨を買うことはあまりおすすめできません。(20代男性)

・あまり知られていない仮想通貨は価格が急上昇する場合もあると思うが、急落する場合もあるので注意が必要だと思う。他の取引所に上場していないと、流動性も不安なので、その点は理解した上で売買した方がいいと思います。(30代男性)

 

使い方

Zaifで仮想通貨を買うまでの手順は、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(開設費は基本無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了
  4. 日本円を入金
  5. 仮想通貨と日本円を交換
  6. 仮想通貨取引所の口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも基本的に同様の手順で買うことができます。

当サイトでは、手数料の安さなどから初心者の方はGMOコインでの購入をおすすめしています。仮想通貨を購入したいと考えている方で、GMOコインの口座開設がまだの方は、本人確認などに時間がかかる場合がありますので、無料の口座開設を行なっておくといいでしょう。

また、仮想通貨取引所を利用する場合はインターネット銀行(オンラインバンキング)の口座を持っていると、お得に利用できます。インターネット銀行「住信SBIネット銀行」は、仮想通貨取引所を利用する場合お得になる場合が多いので、開設を検討してみてもいいでしょう。

GMOコインの口座開設はこちらからどうぞ

GMOコインGMOあおぞらネット銀行口座開設

 

サービス・機能

Zaifは、以下のようなサービスを展開しています。仮想通貨を買うだけではなく、様々な仮想通貨・Web3.0関連のサービスを利用することができるのもZaifのおすすめポイントです。

サービス名 ポイント
コイン積立 暗号資産を自動で積み立てて、将来に向けた資産形成を行うことができるサービス
IEO 取引所に新規上場する仮想通貨を購入することができるサービス

 

コイン積立

項目 コイン積立
対応仮想通貨数 7
手数料 100円〜
積立日 毎月
途中解約 いつでも(締切日による)
最低積立金額 1,000円

※最終更新2022.7.14.

Zaifの「コイン積立」は、7種類の仮想通貨に対応しています。最低積立金額は1,000円なので、少額から始めたい初心者の方に評判が良いです。

コイン積立の特徴は以下のようなものがあります。

・小学の積立手数料で仮想通貨を積み立てることができる

・最低積立金額が1000円で少額から始められる

・ドルコスト平均法で自動で購入してくれて手間が少ない

積立投資のメリットやデメリットを認識した上で、少額で仮想通貨を積み立てていくのも選択肢の一つです。

 

ZaifのIEO

IEOとは、仮想通貨取引所が間に入り行われる、仮想通貨を利用した資金調達方法のことを言います。「Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」の略で、2019年ごろから新しい資金調達方法として注目を集めだしました。Zaifでは以下のIEOが予定されています。

 

Skeb Coin(スケブコイン)

出典:https://medium.com/skeb-jp/skeb-coin-46365b1e6a9e

Skeb Coin(スケブコイン)は、株式会社スケブが仮想通貨取引所ZaifでのIEOによって発行する予定の仮想通貨(独自トークン)です。IEOの時期は2022年9月が予定されておりますが、詳細はまだ発表されておりません。

株式会社スケブは、国内外から日本のクリエイターに対して、イラストや音声、映像等を有償でリクエストすることができるコミッションサービス「Skeb(スケブ)」を展開する企業です。

コミッションサービスとはクリエイターに対し、有償で依頼をかけることができるサービスのことですが、公式サイトによれば「仕事としてクリエイターに依頼し料金を支払う」というよりも「投げ銭付お題募集サイト」のような場所を提供しているとし、気軽にクライアントやクリエイターがやり取りできる場を目指しています。

なお、Skebのユーザー数は140万人を超えているとされており、今後もクリエイターの活躍の場として注目されていく可能性が高いサービスとなっています。

IEOで発行されるSkeb Coinを用いて、既存のSNS上でクリエイターへの投げ銭が可能となるチップサービスを開発されます。さらにチップサービスの利用には、Skebが規約とポリシーにて定めていた「打ち合わせ禁止」や「ローカルルール設定禁止」等の制約がなくなるとされ、クリエイターがより自由で気軽に投げ銭やコミッションの受け入れが可能となる、としています。

調達した資金は、Skebの発展などに当てられる予定となっています。

 

Zaifのアプリ

Zaifはアプリ展開しています。アプリでは、仮想通貨を売買したり、ウォレットとして暗号資産を送金・受け取りなどをすることができます。

項目
OS iOS・Android
対応通貨 全14通貨
サービス 販売所・Orderbook・ウォレット

※最終更新2022.7.14.

 

Zaifのセキュリティは?

〜セキュリティ体制早見表〜

項目 体制
顧客資産の分別管理
2段階認証
コールドウォレット
サイト内評価 Aランク

 

顧客資産の分別管理

Zaifでは、顧客の資産を会社の資産と分別管理しています。仮想通貨、日本円、どちらも別々の場所(口座)で管理しています。

 

コールドウォレットでの保管

Zaifでは、顧客の仮想通貨は全てコールドウォレットで管理しています。コールドウォレットとは、インターネットに接続されていないウォレット(仮想通貨の財布)で、より安全に仮想通貨を保管することができます。

 

以上、Zaifについて詳しくご紹介しました。口座開設がまだの方は、ぜひこの機会に口座を開設し、色々とサービスに触れてみていただければと思います!

TOP画像:https://zaif.jp/

 

関連記事

GMOコインってどう?評判/特徴/おすすめ/セキュリティ/口コミ/お得な使い方…を紹介!最悪との評判は過去の話?

<最新>FTX Japanはおすすめ?評判・特徴・手数料・セキュリティ・口コミを紹介!

GMOコイン

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です