Skeb Coin(スケブコイン)とは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

Web3 PRESS編集部
Web3 PRESS編集部
・Skeb Coin(スケブコイン)ってどんなプロジェクト?
・どうやってSkeb Coinを買うの?
・Skeb Coinの将来性は?

などの疑問をこの記事で解決します!

 

このページでは、Skeb Coin(スケブコイン)とはどのような仮想通貨(暗号資産)か、そして評判・特徴・将来性・IEO参加方法などをわかりやすく解説していきます。

Skeb Coinは仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でIEOが予定されている独自トークンです。IEOは2022年9月の予定でまだ発行されていないトークンですが、IEOに参加申込・購入する際はZaifの口座開設が必要になります。

IEO直前は申込が増え、混雑する可能性もあるため、先に口座作成をしておくといいでしょう。

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならGMOコインがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

GMOコイン

★☆お得なキャンペーンも開催中!!最短10分で口座開設★☆ GMOコインの公式サイトへ

〜その他のIEOスケジュールはこちらから!〜

 

Skeb Coin(スケブコイン)とは

出典:https://medium.com/skeb-jp/skeb-coin-46365b1e6a9e
名称 Skeb Coin(スケブコイン)
ティッカーシンボル
発行者 株式会社スケブ
発行上限 未定
時価総額
公式サイト

※2022.7.12.時点

初心者ひよこ
初心者ひよこ
Skeb Coin(スケブコイン)ってどんな仮想通貨なの?
Skeb Coinはクリエイターコミッションサービス「Skeb(スケブ)」の仮想通貨だよ!
仮想通貨取引所ZaifのIEOで発行されるよ!
Web3 PRESS編集部
Web3 PRESS編集部

Skeb Coin(スケブコイン)は、株式会社スケブが仮想通貨取引所ZaifでのIEOによって発行する予定の仮想通貨(独自トークン)です。IEOの時期は2022年9月が予定されておりますが、詳細はまだ発表されておりません。

株式会社スケブは、国内外から日本のクリエイターに対して、イラストや音声、映像等を有償でリクエストすることができるコミッションサービス「Skeb(スケブ)」を展開する企業です。

コミッションサービスとはクリエイターに対し、有償で依頼をかけることができるサービスのことですが、公式サイトによれば「仕事としてクリエイターに依頼し料金を支払う」というよりも「投げ銭付お題募集サイト」のような場所を提供しているとし、気軽にクライアントやクリエイターがやり取りできる場を目指しています。

なお、Skebのユーザー数は140万人を超えているとされており、今後もクリエイターの活躍の場として注目されていく可能性が高いサービスとなっています。

IEOで発行されるSkeb Coinを用いて、既存のSNS上でクリエイターへの投げ銭が可能となるチップサービスを開発されます。さらにチップサービスの利用には、Skebが規約とポリシーにて定めていた「打ち合わせ禁止」や「ローカルルール設定禁止」等の制約がなくなるとされ、クリエイターがより自由で気軽に投げ銭やコミッションの受け入れが可能となる、としています。

調達した資金は、Skebの発展などに当てられる予定となっています。

 

Skeb Coin(スケブコイン)の評判・口コミ

Skeb Coin(スケブコイン)は、まだ発行されていませんが、Zaifで初のIEO開催となるため、注目を集めています。

 

avatar

評判・口コミ

スケブというサービスの知名度が広がっていくと、スケブコインも価格が上昇していきそう。NFTアートなども流行っているので、その流れと共にスケブコインも流行る可能性があるのではないか。(20代女性)

 

avatar

評判・口コミ

自分の好きなクリエイターがSkebにいたので、Skebを前から知っていた。Skebは決済がしやすくなるという理由でSkeb coinを発行するとしているため、悪印象はなく、便利になるのなら利用者としては嬉しいことだと思う。(30代女性)

 

Skeb Coin(スケブコイン)の将来性・今後は?儲かるの?

現時点では、まだSkeb Coin(スケブコイン)が発行されていないため、どのような価格推移となるかはわかりません。しかし、トークン・NFTという今後市場が伸びていく可能性が高い分野と、クリエイターエコノミーが掛け合わされたサービスであるSkebと関連したトークンであるため、期待はされています。

将来的に他の日本国内の取引所、そして海外の仮想通貨取引所などで取り扱われていく可能性もあります。

<発表されている今後の予定>

  • 2022年9月  IEO実施

 

Skeb Coin(スケブコイン)のIEO参加申込方法

現時点では、まだIEOの参加申込方法は発表されていません。

ただ、Skeb CoinはZaifでIEOが予定されていますが、ZaifまだIEOを実施したことがないため、どのような参加申込をしなければならないかは不明です。

しかし、他の取引所のIEO実施歴を見ていると、参加申込にあたっては口座開設が必要になる可能性があります。

IEO直前は申込が増え、混雑する可能性もあるため、先に口座作成をしておくといいでしょう。

★DMM Bitcoinではお得なキャンペーンを開催中です!★

参加申込にあたっては以下のような流れで、手続きをする必要があります。

  1. アカウント作成/口座開設/会員登録
  2. 本人確認の完了
  3. 日本円の入金
  4. IEOの抽選申込

どれも非常に簡単に、かつ無料で(トークン購入には資金が必要です)行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。仮想通貨取引所でIEOの申込をしたい時にすぐに行えるよう、参加予定がある方はあらかじめこれらを完了させておくといいでしょう。

 

エアドロップの開催が決定

出典:https://medium.com/skeb-jp/airdrop-9e116a318dc2

Skeb CoinのIEOに先立ち、2022年8月1日にはSkeb Coinのエアドロップ(配布)が発表されました。Skeb公式によれば、仮想通貨取引所ZaifアカウントとSkebアカウントで連携を行うとエアドロップが行われる対象となると発表されています。合計1.32億枚のSkeb Coinが配布されます。

対象期間は2022年8月1日0時から2022年8月31日23時59分までで、以下の手続きを行う必要があるとしています。

  1. Zaifアカウントを作成し、Zaif上でTwitter連携と本人確認の手続きを行なう。
  2. 2022年8月31日23時59分までに、Skebのアカウント設定より「Zaifと連携する」を有効にする。

注意事項としては、以下の事が記載されています。

  • 2022年9月1日0時以降に「Zaifと連携する」を有効にしても、Skeb Coinを受け取ることはできません。ただし「Zaifアカウント連携で過去最大の手数料無料キャンペーン」は適用されます。

  • Zaifと連携するTwitterアカウントは、Skebで連携中のTwitterアカウントと同一である必要があります。

  • Zaifの本人確認の手続きについては、運営による確認作業が完了するまでに数週間を要する場合があります。Skeb Coinを受け取るにあたり、本人確認の手続きのみが必要であり、期限までに運営による確認作業が完了している必要はありません。

引用:https://medium.com/skeb-jp/airdrop-9e116a318dc2

 

Skeb Coin(スケブコイン)の買い方

Skeb Coinは、IEOでの購入、もしくはIEO後にZaifで買うことができます。現在はIEOが行われる前なので、まだ買うことはできません。IEOが行われた後で購入する場合には以下の手順で買うことができます。

  1. アカウント作成/口座開設/会員登録
  2. 本人確認の完了
  3. 日本円の入金
  4. トークンの購入

どれも非常に簡単に行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。仮想通貨取引所で仮想通貨を買いたい時にすぐ買えるよう、購入予定がある方はあらかじめ1~3まで完了させておくといいでしょう。

〜仮想通貨取引所Zaifについて詳しくはこちら〜

<最新>Zaif(ザイフ)はおすすめ?評判・特徴・手数料・使い方などを紹介!

 

過去のIEO事例「パレットトークン」

パレットトークン発行元のHP(出典:https://hashpalette.com/#palette)

日本初のIEOとして実施されたのが、2021年7月にCoincheck(コインチェック)に上場された「パレットトークン(PLT)」です。

パレットトークンは、マンガやアニメといったエンターテインメント領域に特化した、「パレット」と呼ばれるNFTプラットフォームで利用されるトークンです。

マンガアプリ運営会社である株式会社Link-Uと、ブロックチェーン開発を手掛ける株式会社HashPortにより設立された、株式会社Hashpaletteによって発行され、Coincheckで上場されました。

このIEOでは、2億3,000万枚(1枚4.05円/総額9億3,150万円)のパレットトークンが発行されたのに対し、申込金額が224億円を超えました。24倍を超える高倍率での抽選となり、資金調達に成功し大きな注目を集めたのです。

 

IEO後の価格推移

出典:https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/plt_jpy/3600

パレットトークンは、2021年7月29日に販売価格4.05円からスタートしました。上場初日にその価格は約11倍の46円に到達し、その後も価格は右肩上がりに上昇。2021年8月23日には、最高値である98.898円を記録しました。

8月以降も価格は比較的安定し60円~70円を推移、2021年10月31日時点で51.15円と、IEOの販売価格を上回る推移で動いています。その後暗号資産市場の下落と共に、2022年6月時点では約18円となっています。

 

過去のIEO事例2「FCRコイン」

出典:https://fcr-coin.com/fcr-whitepaper.1.0.pdf?20220427

GMOコインではIEOの第一弾、そして国内IEO第二弾として、2022年シーズンのオフィシャルトップパートナーを務めるFC琉球の独自トークン(仮想通貨)「FCRコイン(FCR)」を取り扱うことを発表しました。仮想通貨取引所GMOコインは2018年のシーズンから、パートナーとしてFC琉球を応援してきました。その経緯からの実施だと思われます。

FCRコインは、イーサリアムという仮想通貨のプラットホームを利用して発行され、総発行枚数は10億枚。そのうちの45%に相当する4.5億枚が、IEOで販売されました。IEOの抽選とFCRコインの受け渡しは、2022年5月18日に行われています。

 

IEO後の価格推移

出典:https://coin.z.com/jp/member/exchange/chart/1019

FCRコインはIEO後、2.2円から大幅に下落しました。仮想通貨市場全体が弱気相場だったこともありますが、国内第一弾のCoincheckのIEO「パレットトークン」に比べると非常に苦しい展開となりました。

2022年6月23日時点では約0.5円と、IEO時価格の約1/4となっています。

GMOコインのIEO「FCRコイン」とは?参加方法やIEOについてなどをわかりやすく解説!

 

以上、Skeb Coin(スケブコイン)について、評判・特徴・将来性・IEO参加方法などをわかりやすく解説しました。興味のある方は、ぜひ今のうちにZaifの口座開設を行なっておくと良いでしょう。

TOP画像:https://skeb.jp/

 

関連記事

フィナンシェトークンとは?評判・将来性・いつか・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

Nippon Idle Token(NIDT | ニッポンアイドルトークン)とは?評判・特徴・将来性・IEO参加方法などをわかりやすく解説!

<最新版>仮想通貨取引所比較ランキング!おすすめ8選・評判・手数料・選び方も解説!

スポンサー