GMOコインのIEO参加申込方法は?特徴・評判・募集開始時期などをわかりやすく解説!

 

仮想通貨(暗号資産)取引所では、新規仮想通貨を上場するIEOが行われています。日本の大手仮想通貨取引所であるGMOコインでもIEOは開催されており、注目を集めています。

このページでは、GMOコインのIEOについて参加申込方法・特徴・評判・募集開始時期などを初心者の方にも分かりやすく解説します。

IEOに参加するなら

IEOに参加するならGMOコインの口座開設をしておこう!

・国内最安級の手数料
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

GMOコイン

★☆お得なキャンペーンも開催中!!最短10分で口座開設★☆
GMOコインの公式サイトへ

〜IEOスケジュールはこちらから!〜

 

IEOとは?

IEOとは、仮想通貨取引所が間に入り行われる、仮想通貨を利用した資金調達方法のことを言います。「Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」の略で、2019年ごろから新しい資金調達方法として注目を集めだしました。

IEOは企業が仮想通貨(トークン)を発行し、仮想通貨取引所を介して投資家に売ることによって資金を調達します。仮想通貨取引所が、IEOで発行する仮想通貨や発行企業を責任持って審査するため、どのような企業でもIEOができるという訳ではなく、仮想通貨取引所による一定の審査が行われる、というのがIEOの大きな特徴です。

IEOとは

株式などの上場に似ているので、株式の新規上場「IPO」の仮想通貨版、とイメージするとわかりやすいでしょう。

※ただし、審査内容や審査に関わる団体、そして投資家にとっては税制などが異なるため、単純に「IPOと全く同じ」とは考えない方が適切です。

よく「怪しい」とイメージされる仮想通貨や暗号資産の投資の中で、投資家にとってIEOの最大の利点の一つは「投資する仮想通貨の信頼性が高くなる可能性がある」ということです。

IEOは、仮想通貨取引所による審査を通過した企業の仮想通貨(トークン)のみが上場されるので、トークンや発行元の信頼性が比較的高いと考えられます。

もちろん、仮想通貨取引所も完璧な審査を行える訳ではないため、投資家自身の目で上場される仮想通貨の価値を見極める必要はあります。しかし、何の審査も行わずに、誰でも発行できる仮想通貨群の中では、一定の審査を通過している仮想通貨、ということで世間から一定の信頼を勝ち取ることができるのも事実です。

また、取引所を通して参加できるため、取引所のアカウントさえ持っていれば誰でも参加することができるのが一般的です。応募者多数の場合には、抽選などで参加が決まることもありますが、限られた人にのみチャンスがあるのではなく、どのような投資家でも参加できるのも、IEOの大きな特徴の一つです。

〜IEOについて詳しくは以下をご覧ください〜

IEOとは?ICO/IDO/STOとの違い・国内外の事例・参加方法・今後についてをわかりやすく解説!

 

GMOコインのIEO

日本の大手仮想通貨取引所GMOコインでも、IEOは行われています。

GMOコインは、初心者に非常におすすめできる仮想通貨取引所です。 運営会社は東証一部上場企業のGMOインターネットグループ。歴史の浅い仮想通貨取引所が多い中、大手企業が運営する仮想通貨取引所、ということで安心感を持って利用する人が多いです。

取り扱い仮想通貨数も国内取引所では多い全20種類以上。売買手数料や入金手数料も安く設定されており、最初の仮想通貨取引所としては非常におすすめの取引所です。

GMOコインはこんな人におすすめ!

  • 東証一部上場企業グループ運営で安心という方
  • 手数料を安く仮想通貨を購入したい方
  • 仮想通貨を貸して利息をもらいたい方
  • 色々な仮想通貨を買ってみたい方

〜GMOコインの総合スペック早見表〜

取引所名 GMOコイン
取り扱い仮想通貨数 22
売買手数料 -0.01%(M)0.05%(T)
-0.03%(M)0.09%(T)
日本円入金手数料 無料(即時入金)
暗号資産入出金手数料 無料
レバレッジ 2倍
提供サービス 取引所/販売所/暗号資産FX/貸暗号資産/つみたて暗号資産/ステーキング
アプリ
サイト内取引所RNK f:id:jyutakugyoseiku:20210622203904p:plain 第1位
開催中キャンペーン 取引所(現物取引)手数料キャンペーン
毎日10人に1,000円が当たるキャンペーン
暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たるキャンペーン
※2022.9.1.最終更新

 

〜GMOコインについて詳しくはこちら〜

<最新>GMOコインってどう?評判/特徴/おすすめ/セキュリティ/口コミ/お得な使い方…を紹介!最悪との評判は過去の話?

 

GMOコインのIEOルール

仮想通貨取引所によって、IEOのルールは異なります。IEOに参加する場合は、事前に取引所のIEOルールをよく確認しておきましょう。以下は、特筆すべきルールです。

手数料:Maker -0.03% / Taker 0.09%

抽選方法 :ランダム抽選(口数ごとに抽選を実施、部分当選あり)

最大取引数量・最大注文数量:制限あり(通貨によって異なる)

注文時・約定時の価格制限

  • 以下の条件を満たす注文はご発注いただけません。
    − 注文レートが、「発注時点での現在値 ± 50%」の範囲外である
    − 成行買の場合、発注時点での購入余力が「最良売気配値 × 1.1」に満たない
    − 逆指値買の場合、発注時点での購入余力が「概算約定代金(数量×注文レート) × 1.1」に満たない
  • 以下の条件を満たすTaker注文は失効となります。
    想定される約定レートが、「当社が指定する間隔における約定価格の平均値 ± 20%」の範囲外である(範囲内で約定可能なご注文は約定されます。また、相場急変時はこの限りではありません。)
  • 引用:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/exchange/

上記以外にも、IEOごとに個別のルールが制定される可能性があります。IEOに参加する際には、GMOコインから発表されるIEO開示情報資料をよく確認するようにしましょう。

 

GMOコインのIEO事例

記事作成時点では、GMOコインでは以下のIEOが行われています。

 

FC琉球・FCRコイン(FCR)

出典:https://fcr-coin.com/fcr-whitepaper.1.0.pdf?20220427

GMOコインではIEOの第一弾、そして国内IEO第二弾(第一弾はCoincheckのパレットトークン)として、2022年シーズンのオフィシャルトップパートナーを務めるFC琉球の独自トークン(仮想通貨)「FCRコイン(FCR)」のIEOが行われました。仮想通貨取引所GMOコインは2018年のシーズンから、パートナーとしてFC琉球を応援してきた経緯があります。

FCRコインは、イーサリアムという仮想通貨のプラットホームを利用して発行され、総発行枚数は10億枚。そのうちの45%に相当する4.5億枚が、IEOで販売されました。IEOの抽選とFCRコインの受け渡しは、2022年5月18日に行われています。

IEOで調達される資金の用途は以下であると発表されています。

・トークンパートナーとしての権利獲得

・選手及びチームに対する FC Ryukyu Coin の送付機能

・サッカークラブ運営における投票決議への参加権利

・NFT を活用したデジタルコンテンツの購入(将来的な機能とし て検討中)

・FC Ryukyu Coin を用いた沖縄経済の活性化、および選手育成 の受け入れ等(将来的な機能として検討中)

出典:https://coin.z.com/corp_imgs/product/info/ieo/sales_results/FCRyukyuCoin_sales_results.pdf

出典:https://coin.z.com/jp/member/exchange/chart/1019

FCRコインはIEO後、2.2円から大幅に下落しました。仮想通貨市場全体が弱気相場だったこともありますが、国内第一弾のCoincheckのIEO「パレットトークン」に比べると非常に苦しい展開となりました。

当記事作成時点では1FCRコインあたり約0.5円と、IEO時価格の約1/4となっています。

GMOコインのIEO「FCRコイン」とは?参加方法やIEOについてなどをわかりやすく解説!

 

国内取引所のIEOスケジュール

※プロジェクト名を選択すると詳細へ飛びます
プロジェクト名 取引所 予定時期
FiNANCiE(フィナンシェトークン) Coincheck 2022年夏
PLMトークン(palmu) GMOコイン 2023年夏
Nippon Idle Token(ニッポンアイドルトークン) DMM Bitcoin,coinbook 2023年初旬
De:Lithe Φ (ディライズ ファイ) Huobi Japan 未定
Skeb Coin(スケブコイン) Zaif 2022年9月
YAYトークン bitFlyer 未定
その他:熱海コイン・MATCHAトークン

 

過去開催されたIEO一覧

※プロジェクト名を選択すると詳細へ飛びます
プロジェクト名 取引所 開催時期
パレットトークン(PLT) Coincheck 2021年7月29日
FRCコイン(FRC) GMOコイン 2022年5月18日

 

GMOコインのIEO参加申込方法

GMOコインのIEOの参加方法・抽選申込の方法を解説していきます。

GMOコインのIEOに参加・抽選申込するためには、以下のことをしなければなりません。

  1. アカウント作成/口座開設/会員登録
  2. 本人確認の完了
  3. 日本円の入金
  4. IEOの申込・抽選

どれも非常に簡単に行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。仮想通貨取引所でIEOの申込をしたい時にすぐに行えるよう、参加予定がある方はあらかじめこれらを完了させておくといいでしょう。

 

アカウント作成/口座開設

まずGMOコインの口座開設(「アカウント作成」や「会員登録」などとも呼ばれます)をします。

まだGMOコインの口座をお持ちでない方はこちら(GMOコイン公式サイト)から口座開設をしてください。口座開設は無料かつ数分で完了します。

GMOコイン操作画面
GMOコイン操作画面(https://coin.z.com/jp/)

右上の「口座開設」ボタンを押します。

GMOコイン操作画面2
GMOコイン操作画面2(https://coin.z.com/jp/)

口座開設方法は3種類あります。

1 メールアドレスで口座開設

2 Facebookアカウントで口座開設

3 Googleアカウントで口座開設

どの方法でも変わりはありません。Facebookで口座開設したとしても、情報がFacebook上に流れることなどはなく、FacebookやGoogleに登録している一部の情報(メールアドレスなど)をGMOコインが取得するだけなので、自分の行いやすい方法で口座開設手続きを行いましょう。

メールアドレスで口座開設をする場合、メールアドレスを入力します。FacebookやGoogleで登録する場合も同様に、画面に従って操作していきます。

その後、入力したメールアドレス(FacebookやGoogleアカウント利用の場合はそのサービスに登録しているメールアドレス)宛てにGMOコインからメールが届きます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170713110931p:plain

上記のようなメールが届くのでURLを選択し、リンクへ飛びます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170713110214p:plain

続いてパスワードの設定です。パスワードは、なるべく他のサイトなどで使用していないものにするとより安全です。これで口座開設は完了です。

 

本人確認書類の提出

続いて、本人確認書類を提出します。口座開設をしただけでは、日本円の入金や、仮想通貨を購入することはできません。日本国内の仮想通貨取引所は、取引を行う場合、取引を行う人の本人確認書類提出が義務付けられています。もし本人確認なしで仮想通貨の購入ができる場合などは、その取引所は無許可で事業を行なっている可能性がありますので、注意が必要です。

f:id:jyutakugyoseiku:20170904082737p:plain

個人情報を入力していきます。提出する本人確認書類と同様の情報を入力していきましょう。

f:id:jyutakugyoseiku:20170904082928p:plain

情報を入力し終わったら規約を確認し「同意する」にチェックを入れ「確認画面へ」を選択します。

f:id:jyutakugyoseiku:20170904083115p:plain

「外国PEPs」とは外国の政治関係者など(大臣や議員、中央銀行の役員など参考:http://support.matsui.co.jp/faq/show/8893?site_domain=faq)の事です。該当しない場合は、該当しないを選択しましょう。

続いて、本人確認書類をアップロードしていきます。

f:id:jyutakugyoseiku:20171015184339p:plain

アップロードする書類を選択(上図では「運転免許証」)し画像をアップロードします。規定のファイル形式やサイズは、各取引所によって異なりますので、利用する取引所の規定を確認してからアップロードしましょう。

本人確認書類として認められるのは多くの取引所で、以下のようなものになります。

・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・運転免許証・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・マイナンバーカード

詳しくは各取引所で「本人確認書類として有効なもの」の説明がありますので、必要な証明書や枚数をアップロードします。未成年者の場合は保護者の同意書が必要になります。

f:id:jyutakugyoseiku:20171015184537p:plain

これで本人確認書類の提出は完了です。

本人確認書類の提出が完了したら、仮想通貨取引所の審査を待ちます。審査が完了すると、登録した住所へ仮想通貨取引所からハガキ(または封筒)が郵送されて来ます。ハガキを受け取り次第、本人確認が完了しますので、ハガキが郵送されるのを待ちましょう。

ハガキは混雑しているとなかなか届かないことがあります。特に仮想通貨の価格が変動しているときは時間がかかります。もし、今後仮想通貨取引所を利用する予定がある場合は、早めに本人確認書類の提出まで終わらせておくといいでしょう。

f:id:jyutakugyoseiku:20171020085933p:plain

上画像のような書類が、後日GMOコインから届きます。

f:id:jyutakugyoseiku:20171020090153p:plain

中の書類に開設コードが記載されています。

f:id:jyutakugyoseiku:20171020090450p:plain

GMOコインにログイン後、開設コードを入力して「口座開設」を選択します。これで口座開設と本人確認が完了です。

 

日本円を入金する

日本円の入金方法を解説していきます。GMOコインでは日本円の入金方法は2種類あります。「即時入金」「振込入金」です。それぞれの特徴は以下です。

 即時入金 振込入金
銀行口座 入金口座 指定の銀行
無料 手数料 銀行所定の手数料
即時 反映時間 銀行所定の振込時間
999,999円〜10,000,000円 上限金額 無制限
7日間送金不可※ 送金制限 なし

※三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行を利用した場合

まずは「即時入金」の方法から解説していきます。

GMOコイン操作画面3
GMOコイン操作画面3(https://coin.z.com/jp/)

即時入金は、以下のインターネット銀行にて入金が行えます。

GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行

上記銀行以外は振込入金にて入金を行うことになりますので、もしGMOコインを利用する予定がある場合は、上記どれかの銀行口座を開設しておくといいでしょう。メガバンクも、インターネットバンキングを開設していないと利用することはできませんので、注意が必要です。(通常口座のみ開設している場合、即時入金は使えません。その場合も振込入金を利用することになります。)

また、以下の銀行口座を使用して即時入金を行なった場合は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができないことに加え、999,999円までしか入金することができません。

・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行

そのため、できれば

GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行

この4行の口座のどれかを開設しておくのがいいでしょう。(上記4行であれば入金金額の上限も上がり、10,000,000円となります。)

仮想通貨取引所は、インターネット銀行だとお得や便利に入金できる場合が多くあります。特に多くの取引所で、GMOあおぞらネット銀行はお得に利用できます。もし、仮想通貨取引所を利用しようと考えている方は、あらかじめGMOあおぞらネット銀行を開設しておくことをおすすめします。

GMOコイン操作画面4
GMOコイン操作画面4(出典:https://coin.z.com/jp/)

GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行

これら4行を利用して即時入金をする際は、上画面のように入金額を入力します。すると、そのまま利用するインターネット銀行のサイトへ繋がります。その後、利用するインターネット銀行のサイトの案内に沿って操作を行えば、入金を行うことができます。

・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行

上記5行を利用する場合は、Pay-easy(ペイジー)というサービスを通して入金を行います。どちらにしても、インターネットを通じて行われ、画面の案内に沿って操作すれば入金ができますので、難しいことはありません。

続いて、振込入金の方法を解説します。

GMOコイン操作画面5
GMOコイン操作画面5(出典:https://coin.z.com/jp/)

2021年現在のGMOコインの振込み先銀行口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」です。GMOコインの振込入金によって日本円を入金する場合、この2つの銀行口座からであれば手数料無料で入金できるため、どちらかの口座をあらかじめ開設しておくといいでしょう。

振込入金の口座情報(上画像)に記載された「振込元(お客様氏名) 」名義(GMOコインの口座開設時に登録した名義)の銀行口座から、入金したい金額を振込みましょう。もし、記載名義と異なる名義の銀行口座から振り込んでしまうと、アカウント停止措置が取られてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

なお、GMOコインの振込入金では、GMOあおぞらネット銀行からGMOあおぞらネット銀行口座へ入金した場合、数分で入金が反映されます(メンテナンス中などの時間を除く)。楽天銀行を利用した場合は、入金の反映が翌営業日になってしまうこともあるので、GMOあおぞらネット銀行をあらかじめ口座開設しておくと便利です。

 

IEOの参加申込・抽選

出典:https://coin.z.com/jp

GMOコインのサイトにログインして「会員ホーム」→「IEO」よりIEOに申し込みます。

「GMOコイン IEO Step2」出典:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/ieo/

申込金額拘束日時に、申込金額を拘束します。

「GMOコイン IEO Step3」出典:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/ieo/

GMOコインによる抽選が行われます。

「GMOコイン IEO Step4」出典:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/ieo/

当選した場合、トークンの割り当てが行われます。トークンの割り当てと同時に、IEOでコインが上場します。コインが上場した後は、価格が上下していきます。特に、上場後は大幅な変動がありますので注意が必要です。

 

以上、GMOコインのIEOについて参加申込方法・特徴・評判・募集開始時期などを解説しました。IEO後に価格が上昇するかどうかなどは、その時の仮想通貨市場の状況にもよります。

特に初心者の方が参加する場合は、慎重な検討を行うのが良いでしょう。

TOP画像:https://fcr-coin.com/

 

関連記事

Coincehck(コインチェック)のIEO参加申込方法は?特徴・評判・募集開始時期などをわかりやすく解説!

<最新版>ビットコイン/仮想通貨取引所比較ランキング!おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

貸仮想通貨(貸暗号資産:レンディング)のおすすめはどこ?<最新版>事業者一覧と利回り比較・ランキング・やり方!

GMOコイン

スポンサー