TRON(トロン|TRX)とは?評判・将来性・特徴についてわかりやすく解説!

 

TRON(トロン|TRX)はデジタルコンテンツの配信を目的とした分散型プラットフォームです。

クリエイターはTRON上で動画や音楽などのコンテンツを制作し、発信することができます。

コンテンツ産業においてはYouTubeなどすでに巨大なプラットフォームがあります。しかし、従来のプラットフォームは一企業が中央集権的にコンテンツを所有・管理しているため、クリエイターよりも企業側が儲かる仕組みになっています。

一方、TRONは多くの面で「クリエイターファースト」なプラットフォーム設計になっています。

このページでは、これからのコンテンツ産業の成長を支えるTRONの機能や特徴、そしてTRONによって実現できるコンテンツ産業のあり方等について解説します。

 

仮想通貨TRXを買うなら

仮想通貨TRXを買うならBITPOINTがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・独自の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

BITPOINT

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料★☆
BITPOINTの公式サイトへ

〜TRX取扱取引所〜

 

TRON(トロン)とは?

出典:https://tron.network/trx?lng=en
名称 TRON(トロン)
ティッカーシンボル TRX
発行者 TRON
発行上限 92,427,139,658TRX
時価総額 約8,600億円(17位)
公式サイト https://tron.network/index?lng=en

※2022.7.29.時点

TRON(トロン|TRX)はデジタルコンテンツの配信を目的とした分散型プラットフォームです。

クリエイターはTRON上で動画や音楽などのコンテンツを制作し、発信することができます。TRONが発行する仮想通貨(独自トークン)は「TRX」です。

TRONはJustin Sun(ジャスティン・サン)氏によって2017年に作られました。

サン氏は中国の名門、北京大学を卒業。在学中にアリババの創業者ジャック・マーから指導を受けて知見を吸収しました。後にフォーブス社が選ぶ「30歳以下の中国の起業家30人」に選出されています。

過去にはリップルの研究所にも入局し、中華圏駐在所長も務めました。

そして2017年、TRONを開発します。ネイティブトークンのTRXはICOと同時に価格が高騰しました。この時に記録したトークン価格は2022年7月現在もなお、最高値として記録されています。

それでは、TRONの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

TRONの特徴

 

デジタルコンテンツ配信用の分散型プラットフォーム

TRONはブロックチェーンを使用した、分散型のプラットフォームです。最大の特徴は、プラットフォーム上でデジタルコンテンツを配信できることです。

コンテンツ配信プラットフォームにはYouTubeやInstagram、TikTokなどがあります。これらはすべて特定の企業の管理下にあり、中央集権的に運営されています。

プラットフォームが中央集権的に運営されることには、以下のようなメリットがあります。

  • 管理が行き届くことで、スパム目的のようなコンテンツは排除される
  • アルゴリズムによって、流行りにうまく乗れば大きくコンテンツを伸ばせる

一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • 管理者に仲介手数料を取られる(クリエイターの取り分は減少、ユーザーの支払い料金は増加)
  • 広告収入が利益の大半を占めるため、広告コンテンツが大量に存在する
  • 管理しているサーバーがダウンした際の影響が広範囲に及ぶ
  • 運営によってアカウントがいきなり停止されることがある

基本的に仕組みを管理する企業側が儲かり、コンテンツを作る側のクリエイターが搾取される構造になっています。

しかしTRONでは、ブロックチェーンを活用したピア・ツー・ピアのネットワークにより、クリエイターとユーザーが直接つながることができます。

これにより中間管理者が中抜きをする余地がなくなり、管理コストが最適化されます。その結果、クリエイターに支払われる報酬の増加、あるいはユーザー側の利用料の低下が実現します。

このエコシステムの中で、ネイティブトークンのTRXは投げ銭として利用されます。クリエイターの報酬は広告収入ではなく、ユーザーからの応援の意味も込められた投げ銭という形になっています。

 

個人でICOができる

TRONのプラットフォーム上では、個人でもICO(Initial Coin Offering)をすることができます。

ICOとは、独自のトークンを新規発行して資金の調達を行うことを指します。様々なDEXやDeFiプロトコルでもICOが行われています。

TRONではICOを行うことで、クリエイターが事業に必要な資金をスムーズに調達することができます。

また投資家目線で見れば、クリエイターの人気が上昇することによってトークンの価値も高まります。つまり、投資家はクリエイターの応援と投資を同時に行うことができる仕組みになっています。

 

高速のトランザクション処理を実現

トランザクションの処理速度が速いこともTRONの特徴です。

ビットコインのブロック生成速度は毎秒5件、イーサリアムは毎秒16件、処理の速さに強みがあるリップルでも1,500件とされています。

しかしTRONは、毎秒2,000件のトランザクション処理が可能です。

この速さを活かし、今後は送金や決済手段として用いられる場面も増えるかもしれません。

 

dAppsの開発が可能

TRONのプラットフォームではdApps(分散型アプリケーション)の開発が可能です。

ゲームアプリやDeFi、NFTなど様々なdAppsが各種ブロックチェーンで開発されていますが、TRONも同様です。

韓国の大手企業Samsungのアプリストア「Galaxy Store」でも、TRONのブロックチェーンを利用したdAppsを取り扱っています。

 

TRONに関するニュース

TRONに関する直近のニュースで、重要なものを解説します。

 

TRONベースのステーブルコイン「USDD」を発行

TRONベースで米ドルにペッグしたステーブルコイン「USDD(Decentralized USD)」が2022年5月に発行されました。

USDDはアルゴリズムによって1ドルの価値を維持しています。原資産としてTRXにペッグされています。

発行直後にUST−LUNAの暴落が起こり、USDDも一時米ドルからのペッグが外れました。

現在は概ね1ドルを維持していますが、代表的なステーブルコインであるUSDCのような安心感を持てる通貨であるかは不透明です。

 

APENFTのエアドロップ

出典:https://apenft.io/

ネイティブトークンのTRX保有者には「APENFT」というNFTのエアドロップが行われています。

2022年3月10日以降、毎月10日の日本時間21:00のスナップショットをもとに、特定の条件を満たしたTRX保有者に対して「APENFT」がエアドロップされます。

オーケーコインジャパンやビットポイントがこのエアドロップに対応しているため、口座を保有している方はNFTを獲得できるチャンスです。

 

TRXの評判・口コミ

ここでは、TRXの今後について、評判や口コミを紹介していきます。

 

 

avatar

評判・口コミ

TRXは2021年のバブルの時に知り、それ以来追っています。価格としては2018年の時が最高値で、それ以降はその時よりも低いままですが、今後の開発には期待しています。ゲーム関連は注目すべきテーマなので、オンラインゲームのプラットホームとしての機能は非常に注目すべき事だと思っています。(40代女性)

 

avatar

評判・口コミ

TRXは伸びていく可能性があると思っています。TRXの注目すべきポイントは、クリエイターに焦点を当てているところです。Web3.0とクリエイターエコノミーは非常に相性が良いので、そのど真ん中を狙っているTRONは伸び代があると思います。クリエイターエコノミー自体が伸びる市場だと思うので、数年後が楽しみです。(30代男性)

 

TRX(TRON)の今後・将来性

 

今後のロードマップ

TRONは今後の開発予定などを記したロードマップをホワイトペーパーに公開しています。かなり長期間に渡って詳細まで計画が立てられているため、長期投資を目的としてTRONの購入を検討している方は一度目を通しておくと良いでしょう。

具体的なロードマップの内容は以下の通りです。

Exodus:2017年8月〜2018年12月

分散型ファイル共有システム、コンテンツ配信プラットフォームの基礎を構築。

Odyssey:2019年1月〜2020年6月

報酬システムを構築。クリエイターがインセンティブを得られるメカニズムの導入。

Great Voyage:2020年7月〜2021年7月

TRONでのICO機能、コンセンサスアルゴリズム「TPoS」、クロスチェーンのプロトコルや企業向けソリューションなどを導入。

Apollo:2021年8月〜2023年3月

クリエイターが独自トークンを発行できる仕組みを構築。

Star Trek:2023年4月〜2025年9月

オンラインゲームのプラットフォームが作成可能に。ゲーム開発の資金調達も実現。

Eternity:2025年9月〜2027年9月

オンラインゲームのプラットフォームを実用化。ゲーム開発のためのクラウドファンディングも実装。当初の目的をすべて達成し、アップデートを続けていく段階。

現在は第4段階のApolloにいます。今後、残り2つのフェーズを経て完成に向かいます。

 

価格の推移

TRXの価格推移(出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/tron/)

TRXは、2018年1月に最高値を出しました。2018年1月は仮想通貨のバブルだった時で、ICOなどのバブルに伴い、多くの仮想通貨が最高値を出しました。

さらに、2021年11月は仮想通貨市場全体が非常に盛り上がっていた時なので、それにともなって価格が上昇し、直近ではそれが最高値となっています。

今後、TRXはエコシステムの拡大や、開発ロードマップの進捗によって価格が上昇して行く可能性があります。ただし、クリエイターのためのプラットホームプロジェクトは多く存在するため、今後TRONの需要が減ってしまうとTRXの価格も下がっていく可能性があります。そのため、TRXの価格はTRONの需要、そして開発次第と言えるでしょう。

 

TRXは儲かる?

TRXは値上がりによって儲けを狙うことができます。価格が低いところで購入し、高いところで売却すれば、その差額が利益となります。TRXの取引で儲かるかどうかは、他のクリエイタープラットホームが発行している仮想通貨の価格推移やTRXが持つポテンシャルなどを分析してみると良いでしょう。

また、TRXで儲けを出そうと思った場合にはステーキングで増やすのも一つの手です。ステーキングとは、ネットワークに貢献した人へトークンが付与されるシステムです。

ステーキング(ステーク)とは?ステーキングできる取引所/貸仮想通貨との違い/リスクを紹介!

 

TRXの買い方

TRXの買い方を解説していきます。仮想通貨を買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(基本開設費は無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了
  4. 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)
  5. 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)
  6. 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、ほとんどの取引所で500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

初心者の方に人気があるのは、使いやすい操作画面や、手数料が安いBITPOINTです。もし購入してみたい方は、無料でできるので口座開設をしてみていただければと思います。

★BITPOINTの口座開設はこちらからどうぞ★

BITPOINT

 

TRXを買う際にかかる手数料は?

TRXを買う際にかかる手数料は、1万円分のTRXを買った場合、BITPOINTでは0円です。

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0%=0円(取引所利用)

手数料0円で、ADAを1万円分買うことができてしまいます。想像以上に安く買うことができるのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所比較

ビットコインを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「ビットコイン」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にビットコインを購入しましょう。

(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 JPY入金 JPY出金 BTC出金 販売所 レバレッジ レンディング 公式サイト
おすすめ!GMOコイン -0.01~-0.03%(M)0.05~0.09%(T) 23 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
コインチェック(Coincheck) 0% 19 無料~ 407円 0.0005BTC~ あり なし 公式サイト
bitbank(ビットバンク) -0.02(M)0.12%(T) 21 無料 550円/770円 0.0006BTC あり なし 公式サイト
DMM Bitcoin 0% 24 無料 無料 無料 Bit Match 2倍 - 公式サイト
SBI VCトレード -0.01(M)0.05%(T) 14 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
BITPOINT 0% 15 無料 振込手数料実費 無料 なし 2倍 公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 15 無料/330円 220円〜770円 0.0004BTC あり 2倍 - 公式サイト
楽天ウォレット 無料 9 無料 300円 0.001BTC あり 2倍 - 公式サイト

※2022.12.2.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※手数料は現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかります ※DMM Bitcoinはレバレッジ取引含む

〜ビットコイン取引所の比較はこちらから〜

ビットコイン・仮想通貨取引所比較ランキング<最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

まとめ

動画・音楽・イラストなど、コンテンツ産業は今後最も成長が期待できる産業の1つです。

したがってコンテンツ配信プラットフォームであるTRONも、短期的にトークン価格が下がったとしても、長期的には伸びることが期待されます。

ロードマップの通り、まだ完成まで道半ばにあるプロジェクトです。コンテンツに関心がある方は、ぜひ今のうちから動向をチェックしておくとよいかもしれません。

TOP画像:https://tron.network/index?lng=en

 

関連記事

Cardano(カルダノ|ADA)とは?評判・将来性・特徴についてわかりやすく解説!

Aptos(アプトス)とは?元フェイスブックスタッフ開発プロジェクトの将来性・評判・今後を解説

仮想通貨OP(Optimism)トークンとは?概要や特徴、将来性についてわかりやすく解説!

BITPOINT

スポンサー