クラーケンジャパン(Kraken Japan)の使い方を解説!口座開設・入金・購入までを初心者にもわかりやすく紹介!

 

日本の仮想通貨取引所、クラーケンジャパン(Kraken Japan)の使い方を紹介します。口座開設方法、日本円の入金方法、仮想通貨の購入方法などをわかりやすく解説していきます。クラーケンジャパンは世界でも非常に有名なKrakenという取引所の日本法人です。今後のサービス展開が期待されており、多くの新規仮想通貨が取り扱われる可能性があります。

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならFTX Japanがおすすめ!

・世界的に有名なFTXグループが運営
・世界でも人気なSOL(ソラナ)の取り扱い
・利回り8%のFTX Earnを提供


★☆お得なキャンペーンも開催中!!無料で口座開設★☆

FTX Japanの公式サイトへ

 

クラーケンジャパンがおすすめなのはこんな人!

クラーケンジャパンは、初心者にも、中上級者にも非常におすすめできる仮想通貨取引所です。 運営会社は世界的に有名な仮想通貨取引所のKrakenグループ

取り扱い仮想通貨数は10種類以上で、ステーキング・レンディングで仮想通貨を儲けることができるのが特徴。入金や出勤の手数料が安く設定されているため、最初の仮想通貨取引所としても、トレードをしたい方にも非常におすすめの取引所となっています。

クラーケンジャパンはこんな人におすすめ!

  • 色々な仮想通貨をトレードしたいと思っている方
  • 仮想通貨でインカムゲインを得たい方
  • 今後のサービス展開を期待している方

 

クラーケン ジャパンの使い方

口座開設〜仮想通貨を買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(基本開設費は無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了(ここで口座開設は完了です)
  4. 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)
  5. 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)
  6. 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、ほとんどの取引所で500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

 

そもそも仮想通貨っていくらから買えるの?

報道では「ビットコインが400万円に上昇」などと書かれているので、仮想通貨に投資するにはお金を多く持っていなければならないのでは?と思いがちです。しかし、そんなことはありません。ビットコインは、ほとんどの取引所で500円程度から購入することができます。

各取引所での最小購入単位は以下です。

取引所名 最小購入単位(金額)
GMOコイン 0.0001BTC
コインチェック(Coincheck) 500円相当
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.00000001BTC
DMM Bitcoin 0.0001BTC
bitbank(ビットバンク) 0.0001BTC
FTX Japan 0.0001BTC
BITPOINT 500円相当
楽天ウォレット 100円相当
※2022.9.1.最終更新

 

例えば1BTC(ビットコインの通貨単位)が300万円の時、0.0001BTCが最小購入単位であれば300円からビットコインを購入することができます。ほとんどの取引所で数百円〜数千円からビットコインは購入可能なので、とりあえず保有だけしてみたい、という方でも気軽に始めることができるのです。

 

買う前に行わなければならないこと

仮想通貨を購入する前に、あらかじめ仮想通貨取引所で以下のことをしておかなければなりません。

  1. 口座開設/アカウント作成
  2. 本人確認の完了
  3. 日本円の入金

どれも非常に簡単に行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。仮想通貨取引所で仮想通貨を買いたい時にすぐに買えるよう、購入予定がある方はあらかじめこれらを完了させておくといいでしょう。

 

口座開設/アカウント作成

まず、クラーケン ジャパンの公式サイトへアクセスします。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

右上の「アカウント登録」を選択します。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

メールアドレスやパスワードなどを入力し、利用規約を確認しチェックボックスへチェックを入れます。そして、「口座開設」を選択します。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

先ほど入力したメールアドレス宛に、コードが記載されたメールが届きます。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

上記のようなメールが届くので、リンクをクリックするか、コードを入力します。これで、アカウントの認証は完了です。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

 

本人確認と書類の提出をする

続いて、「口座審査の申請をする」を選択します。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

個人情報の入力を行っていきます。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

提出する本人確認書類を選びます。運転免許証・マイナンバーカード・在留カードなどから選ぶことができます。合計で2種類アップロードする必要があります。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

上画像のような表示が出れば、本人確認書類は提出完了です。あとは、本人確認が完了するのを待てば、資産を入金することができるようになります。

郵送ハガキを受け取り、上図のようなメールが届けば、本人確認審査は完了です。

 

日本円の入金方法

続いて、日本円の入金方法を解説していきます。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

TOPページ上部の「入出金」を選択します。

クラーケンジャパン操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

「円」の「入金」を選択します。

クラーケンジャパン操作画面
出典::https://www.kraken.com/ja-jp

入金額を入力します。

すると、入金先の口座情報が表示されます。その口座へ入金したい額の日本円を振り込みましょう。

なお、クラーケンジャパンへ入金する際にはコードが必要になります。口座情報の下に表示されるコードを、入金の際には忘れずに「送金人」欄の自分の名前の前にこのコードを入力しましょう。例:ABCD1234 ナカモト サトシ

銀行振込が完了したら、日本円の入金は完了です。

 

仮想通貨の購入方法

続いて、クラーケンジャパンでの仮想通貨の買い方を紹介します。

 

買い方は2パターンある

仮想通貨取引所には購入方法が2パターンある場合があります。今回紹介するクラーケンジャパンでも、2パターンありますのでメリットやデメリットを覚えておくといいでしょう。

2つのパターンとは「取引所」と「販売所」と呼ばれる売買サービスです。「取引所」は対人で売買をマッチングします。対する「販売所」は仮想通貨取引所と売買します。

取引所と販売所の違い
取引所と販売所の違い

初心者の方でも、基本は「取引所」を利用するのを当サイトではおすすめしています。「販売所」はとても操作が簡単なのですが、手数料が非常に高くなりがちです。特に金額が大きくなればなるほど手数料は高くなりますので、なるべく初心者でも最初のうちから「取引所」を利用して、慣れておくようにしましょう。

取引所が難しいというわけではなく、操作方法は誰でもできるくらい易しいものです。このページでも取引所の操作方法を説明していますので、ぜひ「取引所」でお得にイーサリアムを購入していただければと思います。

取引所 違い 販売所
簡単 操作方法 非常に簡単
普通 手数料 高いことが多い
24時間365日 購入時間 24時間365日

仮想通貨取引所「取引所」と「販売所」の違いをわかりやすく解説!知っておくだけで得する情報

 

「取引所」での買い方

まずは、当サイトおすすめの「取引所」での仮想通貨の買い方を解説します。

クラーケンジャパン操作方法
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

ログイン後、TOP画面の上部に表示された「取引」を選択します。今回はビットコイン(BTC)を例に解説していきます。

クラーケンジャパンの操作方法
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

シンプルモードでは、数量と価格を決定し、注文タイプ(指値or成行)を選択するだけで注文を出すことができます。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

上級モードでは、さらに細かく注文のタイプを選ぶことができます。

なお、注文方法はいくつかありますが、初心者の方が覚えておきたいのは「成行注文(Market Order)」と「指値注文(Limit Order)」です。

成行注文とは、レート(価格)を指定せずに注文を出す方法です。レートを指定しないため、仮想通貨を購入しようと成行注文を出した場合、すでに他の誰かが出している売り注文の中から、最も安い金額の注文と取引が成立(約定)します。

指値注文とは、レートを指定して注文を出す方法です。レートを指定するため、例えば買い注文を指値で出した時、すでに他の誰かがその値段で売り注文を出している場合はすぐに取引成立(約定)しますが、注文したレートで誰も売り注文を出していなかった場合は、「〇〇円で買い注文が出ています」という注文だけが表示され、誰かがそのレートで売ってくれるまで待機となります。

とにかく早く注文を成立したい場合は成行注文の方が向いていますが、予想外の値段で取引成立してしまうことがあるため、基本的には指値注文を使うことをおすすめします。例えばビットコインは取引量が多い仮想通貨なので、なかなか取引が成立しない、ということは稀です。

全ての設定が完了したら「JPYでBTCを買う」を選択し、注文を出しましょう。無事に取引が成立すれば、ビットコインを保有することができます。

 

指値注文のレートの決め方

初心者の方は、どのようにしてレートを決めればいいかわからない、という方もいることでしょう。 注目すべきは画面中央の「注文板」と呼ばれる数字の羅列部分です。

クラーケンジャパンでは、画面右上のチャートマークを選択することで注文板を見ることができます。

※ここでは、例としてGMOコインのイーサリアムの注文板を引用します。

GMOコイン操作画面7
GMOコイン

この部分に、レートを決める際の参考価格が表示されています。

下半分に表示されている赤色と右側の黒色の数字が「買いたい人の注文した価格と数量」、上半分に表示されている青色と左側の黒色の数字が「売りたい人の注文した価格と数量」です。

例えば、上の画面の場合だと

最も高い価格で買い注文を出しているのは277,431円で0.20ETH買いたい人

最も安い価格で売り注文を出しているのが278,148円で0.50ETH売りたい人

ということがわかります。

つまり、あなたが指値で買い注文を出す場合、278,148円で注文を出せば、すでにその価格で売り注文を出している人がいるので、すぐに取引を成立させることができます。逆に言えば、278,148円がその取引所内で現在イーサリアムを購入する最も高い金額なので、普通は指値注文では278,148円よりも安いレートで注文します。その278,148円よりも安いレートで注文を出した後、あなたが出した注文のレートで売ってくれる人が現れたら、取引成立となります。なかなか現れなければ取引は成立しませんので、あまりに安い価格で注文してしまうと購入することができない、ということが起きるので注意が必要です。

もし、取引成立しなければ、注文をあとで取り消すことができるので、思った通りのレートで取引が成立しなかった場合は、注文を忘れず取り消しておきましょう。

 

成行注文の価格決定ルール

ちなみに、注文板が上の画像の状態の時に「買い」の「成行注文」を出すと、

最も安い価格で売り注文を出しているのが278,148円で0.50ETH売りたい人

だったので、278,148円で注文が成立することになります。指値注文よりもすぐに取引が成立する一方で、指値注文であれば278,148円以下で購入できる可能性があったにも関わらず、成行注文では、必ず注文板にある売り注文の中から最も安い価格の注文と取引が成立しますので、少し高い価格で購入することになります。成行注文を行おうと考えている方は、覚えておくといいでしょう。

 

「販売所」での買い方

注文板を見てレートを決定するのが難しいと感じる方などは「販売所」を利用して購入する方法があります。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

TOP画面上部で「販売所」を選択します。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

「買う」を選択します。

クラーケンジャパンの操作画面
出典:https://www.kraken.com/ja-jp

買いたい仮想通貨を選択します。

そして欲しい仮想通貨の数量か、仮想通貨を買うための日本円の金額を入力します。すると、自動的に購入価格が表示され、購入することができます。これで仮想通貨を販売所で買うことができます。

なお、販売所はスプレッドが大きいこともありますので、購入の際は注意しましょう。

スプレッドが狭い仮想通貨取引所はどこ?<最新>手数料としての意味や、おすすめの取引所などを初心者にもわかりやすく解説!

 

仮想通貨を買う際にかかる手数料は?

仮想通貨を買う際にかかる手数料は、1万円分のビットコインを買った場合、クラーケンジャパンでは16円です。

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0.16%=16円(取引所利用。Maker手数料による)

たった16円で、ビットコインを1万円分買うことができてしまいます。10万円分であれば160円です。想像以上に安く買うことができるのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所比較

ビットコインを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「ビットコイン」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にビットコインを購入しましょう。

(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 JPY入金 JPY出金 BTC出金 販売所 レバレッジ レンディング 公式サイト
おすすめ!GMOコイン -0.01~-0.03%(M)0.05~0.09%(T) 22 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
コインチェック(Coincheck) 0% 19 無料~ 407円 0.0005BTC~ あり なし 公式サイト
bitbank(ビットバンク) -0.02(M)0.12%(T) 18 無料 550円/770円 0.0006BTC あり なし 公式サイト
DMM Bitcoin 0% 20 無料 無料 無料 Bit Match 2倍 - 公式サイト
SBI VCトレード -0.01(M)0.05%(T) 12 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
FTX Japan 0.02%(M)0.07%(T) 12 振込手数料実費 無料 0.01BTC以上:無料 あり 2倍 - 公式サイト
BITPOINT 0% 14 無料 振込手数料実費 無料 なし 2倍 公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 17 無料/330円 220円〜770円 0.0004BTC あり 2倍 - 公式サイト
楽天ウォレット 無料 3 無料 300円 0.001BTC あり 2倍 - 公式サイト

※2022.9.1.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※手数料は現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかります ※DMM Bitcoinはレバレッジ取引含む

〜ビットコイン取引所の比較はこちらから〜

ビットコイン・仮想通貨取引所比較ランキング<最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

 

以上、クラーケンジャパンの使い方を紹介しました。興味のある方は、ぜひこちらの公式サイトから口座開設をしてみていただければと思います。

TOP画像:https://www.kraken.com/ja-jp

 

関連記事

<最新>FTX Japanはおすすめ?評判・特徴・手数料・セキュリティ・口コミを紹介!

<最新>GMOコインってどう?評判・特徴・おすすめ・セキュリティなどを徹底的に紹介!

<最新>SBI VCトレードの口座開設方法を画像付きで解説!SBIグループの安心感がある国内取引所

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならFTX Japanがおすすめ!

・世界的に有名なFTXグループが運営
・世界でも人気なSOL(ソラナ)の取り扱い
・利回り8%のFTX Earnを提供


★☆お得なキャンペーンも開催中!!無料で口座開設★☆

FTX Japanの公式サイトへ

スポンサー