Spark(スパーク|FLR)とは?XRP関連プロジェクトの評判・将来性・特徴についてわかりやすく解説!

 

国内暗号資産取引所のbitbankは、2022年8月12日、暗号資産Spark(スパーク|FLR)の取り扱いを近日中に開始することを発表しました。

Spark(FLR)は、XRP(リップル)を開発する米Ripple社の投資部門Xpringが出資を行うプロジェクト、「Flare Network(フレアネットワーク)」のネイティブトークンです。

XRPと関係が深いトークンであることから、2020年にはXRP保有量のスナップショットに基づいて、FLRのエアドロップが実施されたことでも話題になりました。

このページではFLRについて、XRPとの関係も含めてその特徴を解説していきます。

仮想通貨FLRを買うなら

仮想通貨FLRを買うならbitbankがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・老舗取引所で技術力も安心
・初心者でも使いやすい操作性

bitbank

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料★☆
bitbankの公式サイトへ

〜FLR取扱取引所(予定)〜

 

Flare Network(スパーク|FLR)とは

出典:https://flare.xyz/
名称 Flare Network(フレアネットワーク)
Spark(スパーク)
ティッカーシンボル FLR
発行者 Flare Network
発行上限
時価総額
公式サイト https://flare.xyz/

※2022.8.15.時点

Flare Networkは、米Ripple社の投資部門Xpringから出資を受け、XRPレジャー上にスマートコントラクトを実装することを目指しているプロジェクトです。

そして、スパーク(FLR)はFlare Networksのネイティブトークンであり、ネットワーク上でガバナンス投票やステーキング報酬として使用される暗号資産になっています。

「XRPレジャー」とは、誰でも参加できる非許可型のパブリックブロックチェーンです。

そのXRPレジャー上で流通するネイティブトークンこそがXRPであり、日本でも人気の銘柄として知られています。

そしてXRPレジャーにスマートコントラクト機能を実装するために開発されたのが、Flare Networkです。

 

Flare Networkの特徴

では、Flare Networkの特徴を見ていきましょう。Flare Networkには、以下のような特徴があります。

  • 独自のコンセンサスアルゴリズムFBAを採用している
  • アルゴリズムステーブルコイン「F-Assets」の発行
  • EVM(イーサリアムバーチャルマシン)を活用している

 

独自のコンセンサスアルゴリズムFBAを採用している

Flare Networkは一般的に採用されることが多いProof of Work(PoW)やProof of Stake(PoS)といったコンセンサスアルゴリズムを採用していません。

特に多くのチェーンで用いられることが多いPoSですが、PoSではトークンをステーキングすることでネットワークの安全性を確保しています。つまり、ネットワークの安全性は「ステークされたトークンの価値に依存」することになります。

PoSとは
PoSとは

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは?特徴や問題点、ステーキングについて初心者にもわかりやすく解説!

ネットワークの信頼性を維持しスケーリングしていくためには、常にトークンの価値を上昇させていく必要があり、仮にステーキングよりも高い利回りを得られる運用手段がある場合、投資資本はネットワークから流出してセキュリティが低下することも懸念されます。

そこでFlare Networkでは、FBA(Federated Byzantine Agreement)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

FBAは、バリデータのノードが多数決の投票に基づいて取引を承認するようなイメージになっています。

このため、確率論的な取引承認ゆえに多くの時間を要するビットコインなどに比べ、Flare Networkでは迅速に処理を行うことができます。

また、ネイティブトークンに依存しない取引承認のシステムになっているため、安全性や低い取引コストも実現しています。

経済的なインセンティブを必要としないトランザクション承認の仕組みを採用しているネットワークは珍しく、これによりスケーラビリティも担保しています。

さらに、Avalanche(アバランチ)という高速処理能力を備えたプロコトルも採用していることも、Flare Networkのスケーラブルで高速な処理能力を実現している要素の1つとなっています。

Avalanche(AVAX|アバランチ)とは?特殊なアルゴリズムの採用で高速・低コストを実現するプラットフォームについて解説

 

アルゴリズムステーブルコイン「F-Assets」の発行

出典:https://flare.xyz/

Flare Networkの現在の主なユースケースは、F-Assetsと呼ばれるアルゴリズムステーブルコインの発行です。

F-AssetsはDeFi(分散型金融)を想定しており、FLRに価格が裏付けされている暗号資産連動型のトークンです。

現在、発行が確定しているF-Assetsは、FXRP、FBTC、FLTC、FXLM、FDOGE、FALGO、FFILの7種類があります。

F-Assetsは連動対象となる暗号資産のプールに応じて発行量が決められ、発行する際はプールされている暗号資産の量に応じてFLRの担保量が決定し、賃借する形で発行されます。

発行されたF-Assetsは、DeFiやdappsといったサービスで利用することができます。

 

F-Assets発行の流れ

F-Assetsが発行される際のオリジネーター(トークンを発行し、利用したい人)とエージェント(FLRを提供して発行を支援する人)の具体的なやり取りを、FXRPを例にして確認しておきましょう。

 

オリジネーター(発行者)

担保予約手数料(0.1%)と作成手数料(5%)をエージェントに支払う事で、XRPを1対1の比率でFXRPとして発行する事が出来ます。

FXRPからXRPへの償還手数料は現在無料ですが、今後ガバナンス投票によって決定されます。

 

エージェント(支援者)

オリジネーターから担保のXRPと手数料を受け取る代わりに、FXRPシステムに担保比率の2.5倍以上の価値のFLRを提供・維持する事で、FXRPの発行をサポートします。

オリジネーターからの償還依頼の際には、FXRPシステムからFLRを受け取りXRPを返金する必要があります。

 

EVM(イーサリアムバーチャルマシン)を活用している

Flare NetworkはEVM(イーサリアムバーチャルマシン)を活用しています。これにより、イーサリアムの開発言語であるSolidityによる開発が可能になっています。

その上、イーサリアムのような高いガス代を支払う必要がないため、高速かつ低コストという特徴を実現し、これにより多数のトランザクション処理が発生するDeFi領域とは非常に相性がよいと言われています。

 

スパーク(FLR)の評判・口コミ

ここでは、スパーク(FLR)の今後について、評判や口コミを紹介していきます。

 

 

avatar

評判・口コミ

XRPは仮想通貨バブルの前から保有していました。スパークが国内仮想通貨取引所でも扱われるようになったことは非常に感慨深いです。今後もリップルの叶えようとしている国際決済ネットワークは、どんどんと進展していくと個人的には思っていますので、スパークもそれに伴い、注目される仮想通貨になっていくのではないでしょうか。(40代女性)

 

avatar

評判・口コミ

スパーク(FLR)は今後注目されると思っています。XRPという元々人気があり、時価総額も高い仮想通貨×DeFiということで、投資家の注目をさらに集めていくはず、と考えています。NFTやDeFiは今後も盛り上がっていくと予想していますので、スパーク(FLR)にかける、というのも一つの手だと思っています。(20代男性)

 

スパーク(FLR)の今後・将来性

今後、スパーク(FLR)はエコシステムの拡大や、開発ロードマップの進捗によって価格が上昇して行く可能性があります。

ただし、スマートコントラクト関連プラットホームプロジェクトは多く存在するため、今後Flare Networkの需要が減ってしまうとスパーク(FLR)の価格も下がっていく可能性があります。そのため、スパーク(FLR)の価格はFlare Networkの需要、そして開発次第と言えるでしょう。

 

スパーク(FLR)は儲かる?

スパーク(FLR)は値上がりによって儲けを狙うことができます。価格が低いところで購入し、高いところで売却すれば、その差額が利益となります。スパーク(FLR)の取引で儲かるかどうかは、他のスマートコントラクトプラットホームが発行している仮想通貨の価格推移やスパーク(FLR)が持つポテンシャルなどを分析してみると良いでしょう。

また、スパーク(FLR)で儲けを出そうと思った場合にはFlare Networkを用いて収益機会を作り出す、という方法があります。Flare Networkを用いることで得られる収益には大きく以下の4種類です。

 

F-AssetsのFLRリワード・ドロップ

F-Assets保有者には、毎日F-Assets全体の保有価値の比率に基づいてFLRが報酬プールから与えられます。

 

FTSOのオラクルリワード

FLR保有者は、シグナルプロバイダーの運営や投票権の委任によって時系列オラクルであるFTSOから報酬を獲得できます。

初年度の報酬は、最初に流通するFLRの10%に設定されています。

 

エージェントによる収入

エージェントとしてF-Assetsの発行システムにFLRを担保として提供・維持する事で、手数料収入とアービトラージ(裁定取引)の機会を得る事ができます。

 

他のネットワークでのDeFi運用

アルゴリズムステーブルコインであるFXRPなどは、Flare NetworkだけでなくCosmosやPolkadotのような相互運用性プロトコルを介して他のネットワークでも利用する事ができ、運用によって収益を得られます。

 

これらの方法をうまく利用していけば、スパーク(FLR)で儲けを得ることができるでしょう。

 

スパーク(FLR)の買い方

スパーク(FLR)の買い方を解説していきます。仮想通貨を買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(基本開設費は無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了
  4. 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)
  5. 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)
  6. 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、ほとんどの取引所で500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

初心者の方に人気があるのは、使いやすい操作画面や、手数料が安いbitbank(ビットバンク)です。もし購入してみたい方は、無料でできるので口座開設をしてみていただければと思います。

★bitbank(ビットバンク)の口座開設はこちらからどうぞ★

bitbank

 

スパーク(FLR)関連記事

 

スパーク(FLR)を買う際にかかる手数料は?

スパーク(FLR)を買う際にかかる手数料は、1万円分のスパーク(FLR)を買った場合、bitbankでは12円です。

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0.12%=12円(取引所利用。Taker手数料)

手数料12円で、スパーク(FLR)を1万円分買うことができてしまいます。想像以上に安く買うことができるのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引所比較

ビットコインを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「ビットコイン」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にビットコインを購入しましょう。

(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 JPY入金 JPY出金 BTC出金 販売所 レバレッジ レンディング 公式サイト
おすすめ!GMOコイン -0.01~-0.03%(M)0.05~0.09%(T) 22 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
コインチェック(Coincheck) 0% 19 無料~ 407円 0.0005BTC~ あり なし 公式サイト
bitbank(ビットバンク) -0.02(M)0.12%(T) 18 無料 550円/770円 0.0006BTC あり なし 公式サイト
DMM Bitcoin 0% 20 無料 無料 無料 Bit Match 2倍 - 公式サイト
SBI VCトレード -0.01(M)0.05%(T) 12 無料 無料 無料 あり 2倍 公式サイト
FTX Japan 0.02%(M)0.07%(T) 12 振込手数料実費 無料 0.01BTC以上:無料 あり 2倍 - 公式サイト
BITPOINT 0% 14 無料 振込手数料実費 無料 なし 2倍 公式サイト
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 17 無料/330円 220円〜770円 0.0004BTC あり 2倍 - 公式サイト
楽天ウォレット 無料 3 無料 300円 0.001BTC あり 2倍 - 公式サイト

※2022.9.1.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※手数料は現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかります ※DMM Bitcoinはレバレッジ取引含む

〜ビットコイン取引所の比較はこちらから〜

ビットコイン・仮想通貨取引所比較ランキング<最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

 

まとめ

Flare NetworkはXRPレジャーにスマートコントラクトを実装することを目指したプロジェクトです。

そこで流通するトークンであるFLRは、アルゴリズムステーブルコインF-Assetsなどを用いることで獲得できる手数料収入など、他のアセットにはあまり見られない多様な収益獲得の手段があります。

XRP保有者へのエアドロップで話題を呼んだ通貨でもあるため、興味が湧いた方はXRP、FLRともにより理解を深めた上で購入してみてはいかがでしょうか。

TOP画像:https://flare.xyz/

 

関連記事

Cardano(カルダノ|ADA)とは?評判・将来性・特徴についてわかりやすく解説!

Aptos(アプトス)とは?元フェイスブックスタッフ開発プロジェクトの将来性・評判・今後を解説

<最新>SAND(サンドボックス)の買い方・購入方法をわかりやすく解説!注意点・手数料まで紹介

 

スポンサー