<最新>SAND(サンドボックス)の買い方・購入方法をわかりやすく解説!注意点・手数料まで紹介

 

暗号資産(仮想通貨)のSAND(メタバースゲーム「The Sandbox(ザ サンドボックス)」のトークン)に興味があるけど、買い方がわからない。SANDってどこで購入できるの?という初心者の方に向け、このページでは仮想通貨SANDの買い方をわかりやすく解説します!

SANDを買う場合に知っておいた方がいい基礎知識から、どの仮想通貨取引所がおすすめかの比較、買う際にかかる手数料まで紹介します。ぜひ、SANDを購入する前にこのページで学んでいただければと思います!

SANDを買うなら

SANDを買うならCoincheckがおすすめ!

・初心者も簡単に購入できる!
・マネックスグループ運営で安心!
・NFTも買える!

コインチェック

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料★☆
Coincheckの公式サイトへ

 

SAND(サンドボックス)とは?

出典:https://www.sandbox.game/en/
名称 SAND(サンド)
ティッカーシンボル SAND
発行枚数 3,000,000,000 SAND
時価総額 約2,290億円(37位)

2022.08.06.最終更新

SANDは世界的に有名なメタバースゲーム「The Sandbox(ザ サンドボックス)」で発行される暗号資産(仮想通貨:トークン)です。

The Sandboxは、ブロックチェーンゲームやNFTゲームと呼ばれるジャンルに属するゲームの中の一つです。アバターと呼ばれる自分の分身を操作し、ゲームの中で建物やアイテムを作ったり、所有したり、収益化したりして、仮想世界を構築していく内容のゲームです。

そもそも「NFTゲーム」とは、ブロックチェーンを用いた「NFT」と呼ばれる技術を取り入れたゲームです。ゲーム内のアイテムなどを現実世界で換金することができるなどの特徴を持っているため、ゲームをしながらお金を稼ぐことができるのが特徴的です。

NFT技術を用いたゲームが「NFTゲーム」

NFTとは?仕組みやアートとの関連性、稼ぎ方や話題となった出来事などを初心者にもわかりやすく解説!

そんなNFTゲームの一つであるThe Sandboxは、「Minecraft(マインクラフト)」や「Roblox(ロブロックス)」などの有名ゲームと同様に、ゲーム内は「3D Voxel(3Dボクセル)」と呼ばれるブロックがベースとなった仮想世界で作られています。

〜SAND(サンドボックス)とは?についてもっと詳しく知りたい方はこちら〜

注目メタバースゲーム「THE SANDBOX」(SAND)を徹底解説!内容・将来性・価格についてもわかりやすく紹介!

Coincheckの公式サイトへ

 

SANDの取り扱い取引所は?

SANDは、以下の取引所で取り扱いがあります。

Coincheck

国内取引所ではCoincheck(コインチェック)のみとなります。

海外取引所では以下のような取引所で取り扱いがありますが、国内取引所にはないリスクを伴うため、初心者の方はCoincheckで口座解説をしてSANDを購入すると良いでしょう。

<SANDを取り扱う海外取引所>

Binance(バイナンス)

Bybit(バイビット)

・Coinbase(コインベース)

・Huobi Global(フオビ)

Coincheckの公式サイトへ

 

SANDの買い方

ここからは、SANDの買い方を解説していきます。

SANDは仮想通貨取引所で購入するのが一般的です。仮想通貨取引所とは、企業が運営している、日本円と仮想通貨を交換できる場所(サービス)です。インターネット上のオンラインで利用することができます。

SANDを買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

  1. 口座開設(基本開設費は無料)
  2. 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る
  3. 本人確認審査が完了
  4. 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)
  5. 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)
  6. 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

仮想通貨は、ほとんどの取引所(国内・海外問わず)で数百円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

ここでは、国内取引所のCoincheckでのSAND購入方法を解説します。

 

Coincheckの口座開設を行う

仮想通貨を購入するにはまずCoincheck(コインチェック)の会員登録(アカウント作成や口座開設などとも言います)する必要があります。

Coinsheckのアカウントがまだの方はこちらから会員登録をしてください。口座開設は無料かつ数分で完了します。

coincheck(コインチェック)操作画面
coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/)

右上の「会員登録」ボタンを押します。

coincheck(コインチェック)操作画面2
coincheck(コインチェック)操作画面2(出典:https://coincheck.com/ja/)

メールアドレスとパスワードを入力します。

登録メールアドレス宛に、coincheck(コインチェック)から以下のようなメールが届きます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155222p:plain

表示されているURLをクリックする事で、会員登録が完了します。会員登録が完了し、ログインを行うと以下のような画面になります。

coincheck(コインチェック)操作画面3
coincheck(コインチェック)操作画面3(出典:https://coincheck.com/ja/)

あとは本人確認を行い、日本円を入金すればイーサリアムを購入する事ができます。

 

本人確認書類を提出する

続いて、本人確認書類を提出します。会員登録しただけでは、日本円の入金や、仮想通貨を購入することはできません。国内の仮想通貨取引所は、全て本人確認書類の提出が義務付けられています。そのため、もし本人確認なしで仮想通貨の購入ができる場合は無許可で事業を行なっている場合がありますので、注意が必要です。

仮想通貨取引所で本人確認を行う場合、下のような画面になりますので、個人情報を入力していきます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155740p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155933p:plain

そして本人確認書類である「運転免許証」などの写真をアップロードします。

本人確認書類として認められるのは

・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・運転免許証・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・マイナンバーカード

です。詳しくは各取引所で「本人確認書類として有効なもの」の説明がありますので、必要な証明書や枚数をアップロードします。未成年者の場合は保護者の同意書が必要になります。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160332p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160352p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160751p:plain

ここまで入力&アップロードが完了したら「外国PEPs」かどうかのチェックボタンがあります。「外国PEPs」とは外国の政治関係者など(大臣や議員、中央銀行の役員など 参考:http://support.matsui.co.jp/faq/show/8893?site_domain=faq)の事です。外国PEPsでなければチェックをして「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。

これで書類の提出は完了です。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160937p:plain

本人確認書類の提出が完了したら、仮想通貨取引所の審査を待ちます。審査が完了すると、登録した住所へハガキが郵送されます。ハガキを受け取り次第、本人確認は完了しますので、ハガキが郵送されるのを待ちましょう。

ハガキは混雑しているとなかなか届かないことがあります。特に仮想通貨の価格が変動しているときは時間がかかります。もし、今後仮想通貨取引所を利用する予定がある場合は、早めに本人確認書類の提出まで終わらせておくといいでしょう。

 

Coincheckに日本円を入金する

日本円の入金方法を解説していきます。Coincheckでは日本円の入金方法は3種類あります。「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」です。それぞれの特徴は以下です。

※2022年7月19日現在、コンビニ入金・クイック入金が停止となっています。

銀行振込(おすすめ) コンビニ入金 クイック入金
入金元 銀行口座 コンビニ店舗 Pay-easy(ペイジー)
手数料 銀行所定の手数料 770円/回 770円/回
反映時間 銀行所定の振込時間 所定の入金時間 即時
上限金額 無制限 300,000円/回
999,999円/3日
999,999円/回
10,000,000円/日
送金制限 なし 7日間送金不可 7日間送金不可

まずは「銀行振込」の方法から解説していきます。

coincheck(コインチェック)操作画面4
coincheck(コインチェック)操作画面4(出典:https://coincheck.com/ja/)

トップ画面にて「日本円の入金」を押します。

coincheck(コインチェック)操作画面5
coincheck(コインチェック)操作画面5(出典:https://coincheck.com/ja/)

上のような画面が表示されます。2021年現在のCoincheckの振込み先銀行口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「住信SBIネット銀行」になります。Coincheckで銀行振込みによって日本円を入金する場合は、この2つの銀行口座からであれば手数料無料で入金できるため、どちらかの口座をあらかじめ開設しておくといいでしょう。

住信SBIネット銀行を利用する場合は、Coincheckから与えられているユーザーID(画面内に記載)を振込み時に依頼人名の前に入力しなければなりません。

もし、銀行振込みをしたのになかなか入金されない時は、このユーザーIDを入力し忘れている場合がありますので、そのような時はCoincehckの「日本円入金専用フォーム」からお問い合わせしてみましょう。

続いてコンビニ入金の方法を解説します。

coincheck(コインチェック)操作画面6
coincheck(コインチェック)操作画面6(出典:https://coincheck.com/ja/)

コンビニ入金はCoincheckでの申請後、コンビニの店舗に行き、支払いを行うことで入金する方法です。入金予定の金額を入力し、申請を行います。

最低入金額は1,000円、そして手数料が770円(税込)かかりますので、最低でも1770円は必要になります。銀行振込みには金額上限はありませんでしたが、コンビニ入金では一回につき300,000円、三日間で999,999円の入金金額上限があります。

また、コンビニ入金した後は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができませんのでご注意ください。

金額を入力したら、支払いを行うコンビニを選択します。

<ローソン・ミニストップ・セイコーマート>

Coincheckで申請をしたら、「コンビニエンスストア」「受付番号」「お支払い金額合計」「お支払い期限」が表示されます。支払いの際に使いますので、スクリーンショットを撮っておくか、メモしておくなどして記録しておきましょう。
支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

ローソンの支払い方法(ローソン公式)

ミニストップの支払い方法(ミニストップ公式)

セイコーマートの支払い方法(セイコーマート公式)

<ファミリーマート>

Coincheckで申請をしたら、「コンビニエンスストア」「お支払い金額合計」「お支払い期限」が表示されますのでその後、「バーコード表示」をクリックします。

バーコードをレジで店員さんに提示し、支払いを行います。バーコードが読み取れない場合には、Famiポートで読み込みます。ファミリーマートも支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

ファミリーマートの支払い方法(ファミリーマート公式)

最後にクイック入金の方法を解説します。

coincheck(コインチェック)操作画面7
coincheck(コインチェック)操作画面7(出典:https://coincheck.com/ja/)

クイック入金はCoincheckでの申請後、ATMかインターネット銀行でPay-easy(ペイジー)払いを行うことで入金する方法です。入金予定の金額を入力し、申請を行います。

最低入金額は1,000円、そして手数料が770円(税込)かかりますので、最低でも1770円は必要になります。クイック入金は一回につき999,999円、一日で10,000,000円の入金金額上限があります。

また、クイック入金した後は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができませんのでご注意ください。

金額を入力したら、「支払い情報を発行」を選択し、申請します。

申請を行うと「お支払い金額合計」「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」「お支払い期限」が表示されます。支払いの際に使いますので、スクリーンショットを撮っておくか、メモしておくなどして記録しておきましょう。

支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

また、Pay-easyは利用できる金融機関のATMやインターネット銀行が決まっています。あらかじめ自分が利用する予定のATMやインターネット銀行が利用可能かどうか、調べておきましょう。

利用できる金融機関を調べる(Pay-easy公式)

なお、インターネット銀行を利用している方であればわかると思いますが、インターネット銀行は基本、即時に振込みを行うことができます。Coincheckをはじめとして、仮想通貨取引所では基本「銀行振込」で設定されている銀行口座はインターネット銀行です。そのため、クイック入金とそこまで入金スピードは変わりません。もちろん、仮想通貨取引所の状況などもあるため、クイック入金と銀行振込が常に入金スピードが変わらない、というわけではありませんので一刻を争う時はクイック入金で入金するといいですが、そこまで急いでいない場合は銀行振込をインターネット銀行口座から行うのがおすすめです。

そのような意味でも、仮想通貨取引所を利用しようと考えている方はインターネット銀行をあらかじめ開設しておくといいでしょう。

GMOあおぞらネット銀行口座開設

日本円を入金したら、いよいよSANDを購入する事ができます。

 

日本円とSANDを交換する

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/)

トップ画面左のメニューから「販売所(購入)」を選択します。

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/)

「SAND」を選択します。

コインチェックでイーサリアムを買う
Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/)

購入画面が「SAND」になっている事を確認し「数量」に欲しいSANDの数量を入力します。

「レート」に合わせた日本円の購入金額が「合計」に表示されますので確認が出来たら「購入する」を選択します。これで購入が完了です。

 

SANDを買う際にかかる手数料は?

SANDを買う際にかかる手数料は、コインチェックでは0円です。

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0%=0円(販売所利用。スプレッド手数料はかかります)

0円で、SANDを買うことができてしまいます。

 

スプレッド手数料とは?

Coincheckの売買手数料は無料ですが、注意しなければならないのは、販売所では「スプレッド」と呼ばれる手数料がかかってしまうことです。スプレッドとは「購入価格」と「売却価格」の差のことを言います。

例えば購入価格が、1SANDあたり150円のとき、売却価格が1SANDあたり160円となっていたとします。この二つの価格差の10円を「スプレッド」と呼び、販売所を利用した際の手数料として仮想通貨取引所に支払うことになる金額です。なぜなら、買ってすぐに売った場合、価格が変動していないにも関わらず10円あなたは必ず失うことになるからです。その10円は仮想通貨取引所へ支払っているのです。

販売所では、このような隠れた手数料がかかっていることは知っておくといいでしょう。

スプレッドが狭い仮想通貨取引所はどこ?<最新>手数料としての意味や、おすすめの取引所などを初心者にもわかりやすく解説!

 

仮想通貨っていくらから買えるの?

メディアなどの報道では「ビットコインが400万円に上昇」などと書かれているので、仮想通貨に投資するにはお金を多く持っていなければならないのでは?と思いがちです。しかし、そんなことはありません。ビットコインは、500円程度から購入することができます。

各取引所での最小購入単位は以下です。

取引所名 最小購入単位(金額)
GMOコイン 0.0001BTC
コインチェック(Coincheck) 500円相当
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.00000001BTC
DMM Bitcoin 0.0001BTC
bitbank(ビットバンク) 0.0001BTC
FTX Japan 0.0001BTC
BITPOINT 500円相当
楽天ウォレット 100円相当
※2022.8.3.最終更新

 

例えば1BTC(ビットコインの通貨単位)が300万円の時、0.0001BTCが最小購入単位であれば300円からビットコインを購入することができます。ほとんどの取引所で数百円〜数千円からビットコインは購入可能なので、とりあえず保有だけしてみたい、という方でも気軽に始めることができるのです。

 

国内取引所はどこがおすすめ?

ビットコインを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「ビットコイン」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にビットコインを購入しましょう。

(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 JPY入金 JPY出金 BTC出金 販売所 レバレッジ レンディング
おすすめ!GMOコイン -0.01~-0.03%(M)0.05~0.09%(T) 22 無料 無料 無料 あり 2倍
コインチェック(Coincheck) 0% 18 無料~ 407円 0.0005BTC~ あり なし
bitbank(ビットバンク) -0.02(M)0.12%(T) 16 無料 550円/770円 0.0006BTC あり なし
DMM Bitcoin 0% 20 無料 無料 無料 Bit Match 2倍 -
SBI VCトレード -0.01(M)0.05%(T) 7 無料 無料/145円 無料 あり 2倍
FTX Japan 0.02%(M)0.07%(T) 16 振込手数料実費 無料 0.01BTC以上:無料 あり 2倍 -
BITPOINT 0% 13 無料 振込手数料実費 無料 なし 2倍
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 17 無料/330円 220円〜770円 0.0004BTC あり 2倍 -
楽天ウォレット 無料 3 無料 300円 0.001BTC あり 2倍 -
※2022.8.3.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※手数料は現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかります ※DMM Bitcoinはレバレッジ取引含む

 

〜ビットコイン取引所の比較はこちらから〜

ビットコイン・仮想通貨取引所比較ランキング<最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

以上、SANDの買い方を初心者の方にもわかりやすく紹介しました。 知識があるとSANDをお得に買うことができます。ぜひ、しっかりと下調べをした上でSANDをお得に買っていただければと思います!

 

関連記事

要注目メタバースゲームDecentraland(ディセントラランド)/MANAを徹底解説!価格予測やTHE SANDBOXとの違いも紹介!

初心者のための仮想通貨投資の始め方!基礎知識/リスク/購入方法/取引所/トレード/DeFi/将来性…の入門!

Coincheck(コインチェック)でのビットコイン(BTC)の買い方・購入方法!注意点・手数料などを徹底解説!

SANDを買うなら

SANDを買うならCoincheckがおすすめ!

・初心者も簡単に購入できる!
・マネックスグループ運営で安心!
・NFTも買える!

コインチェック

★☆お得なキャンペーンも開催中!!口座開設は無料★☆
Coincheckの公式サイトへ

スポンサー