StarkNet Token(スタークネットトークン)とは?評判・将来性・特徴についてわかりやすく解説!

Web3 PRESS編集部
Web3 PRESS編集部
・StarkNet(スタークネット)ってどんなプロジェクト?
・どうやってスタークネットのトークンを買うの?
・スタークネットのトークンの将来性は?

などの疑問をこの記事で解決します!

 

StarkNet Token(スタークネット トークン)は、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトである「StarkNet(スタークネット)」が発行する独自トークンです。

スタークネットのトークンはどのような仮想通貨か、そしてどのような将来性があるのか、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならGMOコインがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

GMOコイン

★☆お得なキャンペーンも開催中!!最短10分で口座開設★☆ GMOコインの公式サイトへ

 

StarkNet(スタークネット)トークンとは?

出典:https://medium.com/starkware/part-3-starknet-token-design-5cc17af066c6
名称 StarkNet Token(スタークネットトークン)
ティッカーシンボル 未定
発行者 AtarkWare
発行年月 2022年7月
発行上限 10,000,000,000
時価総額
公式サイト https://starknet.io/

※2022.7.20.時点

初心者ひよこ
初心者ひよこ
StarkNet(スタークネット)ってどんなプロジェクトなの?
StarkNetはイーサリアムの処理速度向上や、手数料低下を目指すレイヤー2プロジェクトです。

StarkNetの独自トークンが「StarkNet Token(スタークネット トークン)」です。

Web3 PRESS編集部
Web3 PRESS編集部

 

StarkNet Token(スタークネット トークン)は、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトであるStarkNet(スタークネット)が発行する独自トークン(仮想通貨)です。

スタークネットは、ZK-Rollup(ZKロールアップ)と呼ばれるモデルを採用したソリューションで、レイヤー2ネットワークのようなもの※です。イーサリアムのレイヤー2ネットワークとして、素早い処理と安い手数料を実現します。

※レイヤー2ネットワークの定義が曖昧なため、ここではあえて「ようなもの」という表現を使用しております。レイヤー2ネットワークとする場合もあります。

レイヤー2(レイヤーセカンド)とは

レイヤー2(セカンド)とは?仮想通貨の今後を占う最新技術を初心者にもわかりやすく解説!

スタークネットは、2021年11月29日に「StarkNet Alpha(スタークネット アルファ)」という名前でメインネットが公開され、2022年2月に正式稼働されました。開発者はスタークネット上にDapps(分散型アプリケーション)を開発する事ができます。スタークネットでは、Cairo(カイロ)と呼ばれる独自言語で開発を行います。

ただ、スタークネット アルファもまだ今後改良されていくと発表されており、アップグレードされた場合には全く別のネットワークとして稼働することになるとされています。

今後の予定としては、イーサリアムとの連携がより強化されていく事が発表されています。その他、現在はまだ完全に分散されていない(一部許可が必要な)Dapps開発の工程を、分散化するなどを予定しています。

〜StarkNet(スタークネット)のプロジェクト自体について詳しくは以下をご覧ください〜

StarkWare|StarkNet(スタークウェアー|スタークネット)とは。レイヤー2に欠かせない存在のソリューションをわかりやすく解説

 

レイヤー2とは

そもそも、レイヤー2(レイヤーセカンド)とは、レイヤー1であるブロックチェーン以外の部分でデータ処理をする際に使用されるネットワーク、またはその技術のことを言います。

レイヤー1であるイーサリアムのブロックチェーンと合わせて利用することで、膨大な量のデータ処理を行うことや、よりスピード感のあるデータ処理が可能になります。

レイヤー2が活発に開発されている背景は、イーサリアムのスケーラビリティ問題があります。イーサリアムは、現在の仕様だと処理能力がユーザー数に追いついておらず、処理の遅延や手数料の高騰が起きています。

スケーラビリティ問題とは

そこで、レイヤー2という技術をイーサリアムと合わせて利用することで、このスケーラビリティ問題を解決しようとしているのです。

スケーラビリティ問題とは?仮想通貨の課題と解決する技術について初心者にもわかりやすく解説!

 

StarkNet Token(スタークネット トークン)の特徴

StarkNet Token(スタークネット トークン)には、以下のような特徴があります。

  • レイヤー2ソリューション提供のStarkWareが開発
  • スタークネットのガバナンストークン
  • 手数料の支払いやステーキングに利用
  • 2022年9月を目処に配布か

 

レイヤー2ソリューション提供のStarkWareが開発

スタークネットは、レイヤー2ソリューション提供のStarkWareが開発しています。

StarkWare(スタークウェアー、正確には「StarkWare Industries」)は、ブロックチェーンに関連したソリューションを開発する会社です。現在は特にレイヤー2に関連するソリューションを開発しており、多くのレイヤー2プロジェクトに採用されています。

StarkWareのソリューションを採用するプロジェクトは

  • dydx(分散型取引所)
  • sorare(NFTゲーム)
  • Immutable X(レイヤー2ネットワーク)

などの有名プロジェクトが名を連ねています。

STARK WEARのエコシステム(出典:https://starkware.co/)

StarkWareは、「StarkNet(スタークネット)」と「StarkEx(スタークEx)」と呼ばれるソリューションを開発しています。どちらも「ゼロ知識証明(ZKP)」と呼ばれる手法に関連した、レイヤー2ソリューションで、スタークネットは開発者がレイヤー2上でDappsなどを構築することができるソリューション、スタークExはDappsと連携することで高い処理能力などを提供するソリューションとなっています。

ゼロ知識証明とは

StarkWareはEli Ben-Sasson(エリ・ベン サッソン)氏ら4人によって創業されました。それぞれが得意分野を持っている人物で、特にEli氏は暗号や、先ほど述べた「ゼロ知識証明」について長年研究をしていた人物です。

少し前に注目度の高かった「Zcash(ジーキャッシュ)」という仮想通貨にも関わっていた経歴があります。

Intel Capital・Coinbase Venturesといった大手企業の関連会社や、イーサリアムの創始者であるVitalik Buterin(ヴィタリック ブテリン)氏などから受けており、業界でも注目される立ち位置にあります。

 

スタークネットのガバナンストークン

スタークネット トークンは、スタークネットのガバナンストークンとして発行されます。ガバナンストークンとは、そのプロジェクトの運営方針を決める投票権のような機能を持つトークンのことを言います。

そのトークンを保有していることで、運営にも参加できることから投資としてだけではなく、より直接的な関わりを行うことができます。

 

手数料の支払いやステーキングに利用

スタークネットトークンは、スタークネットを利用する際の手数料支払いや、ステーキングに利用することができます。イーサリアムよりもレイヤー2プロジェクトは安価で済むものの、手数料がかかります。送金する際などにかかる手数料をトークンで支払うことができます。

ステーキングとは、ネットワークにトークンを預け入れることでセキュリティなどを向上し、その見返りとして報酬(トークン)を受け取る行為のことを言います。スタークネットトークンも、ステーキングすることができます。

ステーキング(ステーク)とは?ステーキングできる取引所/貸仮想通貨との違い/リスクを紹介!

 

2022年9月に配布の予定

スタークネットトークンの配布割合
スタークネットトークンの配布割合(出典:https://medium.com/starkware/part-3-starknet-token-design-5cc17af066c6)

スタークネットトークンは発行されているものの、一般には配布が行われていません。予定では、2022年9月に配布が行われるとしています。

配布にあたり、エアドロップはスタークネットユーザーに行われる予定が示唆されています。詳細は決まっていませんが、もしエアドロップ(給付金)を狙う場合には資金をブリッジしたり、ネットワークを利用するなどしておくと良いでしょう。

 

スタークネットトークンの将来性・今後

スタークネットトークンは、レイヤー2でも注目株であるスタークネットの独自トークンであるため、価格の面でも非常に期待値が高いと言えるでしょう。

 

資金ロック金額は約89万ドル

スタークネットは2022年7月20日時点で、資金ロック金額が約89万ドル(約1億2千万円)となっており、イーサリアムレイヤー2プロジェクトの中では第16位になっています。

出典:https://l2beat.com/

レイヤー2は、イーサリアムの課題である高い手数料や遅い処理速度を改善すると期待されており、レイヤー2銘柄は今後価格の面でも高くなっていく可能性はあります。

現在、取引されている主なレイヤー2銘柄は以下のようなものがあり、それぞれの時価総額は以下のようになっています。

MATIC(Polygon) 約9,279億円(14位)
IMX(ImmutableX) 約353億円(120位)
DYDX(dYdX) 約218億円(153位)
OP(Optimism) 約208億円(196位)
Metis(Metis Andromeda) 約191億円(237位)
BOBA(Boba Network) 約109億円(296位)
※2022.7.21.更新 ※Polygonをレイヤー2とするかは議論が分かれます。

 

レイヤー2は、まだ完成しているとは言えない分野であるため、今後注目を集めて価格が高騰していく可能性はあるでしょう。

 

イーサリアム2.0への移行

スタークネットは、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトであるため、今後のイーサリアムの動向はOPトークンの価格に影響を与える可能性があります。

イーサリアムは2022年以降に大型アップグレードが予定されており、そのアップグレードでは処理の高速化などが目指されています。

ただ、イーサリアムの処理の高速化が実際に実現するのはまだ先とされているため、レイヤー2技術も多く利用されることになります。アップグレードが完了してもレイヤー2技術は利用される可能性があることから、レイヤー2プロジェクトのトークンにも注目が今後さらに集まっていく可能性はあります。

<最新>The Marge(ザ マージ)とは?いつ?イーサリアム2.0に向けた大型アップグレードの詳細は?価格変化などをわかりやすく解説!

 

レイヤー2プロジェクト同士の競争

スタークネットトークンの懸念点もあります。レイヤー2プロジェクトは非常に多くあるため、今後スタークネットがどこまでシェアを伸ばせるのか不透明である、という点です。

スタークネットの他にもArbitrum(アービトラム)と呼ばれる、現在シェアNo1のプロジェクトや、スタークネットと同様のZKロールアップと呼ばれる注目技術を採用したzkSyncなどのプロジェクトにスタークネットが負けてしまう、ということは考えられます。

Arbitrum(アービトラム)とは?イーサリアムレイヤー2で最も資金ロックされる要注目プロジェクト

zkSyncとは?注目されるZKロールアップのレイヤー2ソリューションを初心者にもわかりやすく解説!

もしスタークネットがユーザーに利用されなくなれば、その分スタークネットトークンの利用価値や期待値も下がっていくと考えられるため、そのようなリスクがあることは理解しておくと良いでしょう。

 

価格の推移

OPトークンの価格推移
他レイヤー2プロジェクトのOPトークンの価格推移(出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/optimism-ethereum/)

スタークネットトークンは市場に出回っていないため、まだ価格がどのように動いていくかはわかりません。価格上昇においては、スタークネット自体がいかに多くの人に利用されていくかどうか、という部分が大きいと思われます。

 

スタークネットトークンの評判・口コミ

ここでは、スタークネットトークンの評判や口コミを紹介していきます。

 

avatar

評判・口コミ

スタークネットは、開発する企業が技術的に信頼できるので今後伸びていくのではないかと想像しています。レイヤー2はイーサリアムに必要な技術なので、その技術をまじめに開発してきたスタークネットは、ユーザーの信頼を集める可能性があると思います。そうなればスタークネットトークンも同様に注目を集め、価格も上昇するでしょう。(30代女性)

 

 

avatar

評判・口コミ

スタークネットトークンはそこまで特殊な特徴があるわけではないが、やはり開発元のStarkWareが絶大なる支持を得ているので注目している。今後注目されていくと思われるzkロールアップを採用しているので、スタークネットトークンもそれと共に価格上昇していくのではないだろうか。(40代男性)

 

スタークネットトークンは儲かる?

スタークネットトークンは、値上がりによって儲けを狙うことができます。価格が低いところで購入し、高いところで売却すれば、その差額が利益となります。スタークネットトークンの取引で儲かるかどうかは、過去の他のレイヤー2プロジェクトが発行している仮想通貨の価格推移やスタークネットトークンが持つポテンシャルなどを分析してみると良いでしょう。

また、スタークネットトークンで儲けを出そうと思った場合にはエアドロップを狙うのも一つの手です。エアドロップは給付金とも呼ばれ、トークン発行前などにプロダクトを使うなどして、エコシステムの構築に貢献した人へトークンが付与されるシステムです。

もし、スタークネットトークンに興味がある方は、今後スタークネットに関連したプロダクトなどを触っておくとエアドロップが受けられるかもしれません。

他には、ステーキングでスタークネットトークンをネットワークへ預け入れて儲けを出す方法もあるので、さまざまな方法を検討してみるといいでしょう。

 

スタークネットトークンの買い方

スタークネットトークンは仮想通貨取引所での取り扱いは現在ありません。

スタークネットトークンが今後海外取引所に上場された場合、スタークネットトークンを買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

 

1 国内仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)を購入

例えば国内取引所のGMOコインで口座を開設し、日本円とビットコインを交換します。口座開設は無料でできますが、交換の際などに手数料がかかる場合があります。(GMOコインでは交換の手数料も無料です)

2 ビットコインを海外取引所へ送る

海外取引所(例えばバイナンス)で口座を開設し、ビットコインを海外取引所口座へ送ります。ビットコインを送る際に手数料がかかる場合があります。(GMOコインでは送金の手数料も無料です)

3 ビットコインとスタークネットトークンを交換する

最後に、ビットコインと買いたい仮想通貨を交換します。海外取引所も口座開設は無料でできますが、交換の際に手数料がかかる場合があります。

 

仮想通貨は、ほとんどの取引所(国内・海外問わず)で数百円程度から購入が可能です。1〜3の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単に仮想通貨を買うことができます。

仮想通貨を買うなら

仮想通貨を買うならGMOコインがおすすめ!

・国内最安級の手数料
・国内最多級の20種類以上の仮想通貨取扱い
・初心者でも使いやすい操作性

GMOコイン

★☆お得なキャンペーンも開催中!!最短10分で口座開設★☆ GMOコインの公式サイトへ

 

まとめ

以上、このページではスタークネットトークンの評判・将来性・特徴について紹介してきました。スタークネットトークンのポイントは以下です。

  • レイヤー2プロジェクトの中では非常に注目されている
  • 2022年9月に配布が始まる予定
  • 競合プロジェクトに負けるリスクもある

スタークネットトークンは今後取引所に上場する可能性があります。もし興味のある方は、その時までにスタークネットやレイヤー2について学んでおくと良いでしょう。

TOP画像:https://starkware.co/starknet/

 

関連記事

仮想通貨OP(Optimism)トークンとは?概要や特徴、将来性についてわかりやすく解説!

ZKロールアップとOptimisticロールアップの違いとは?レイヤー2最新技術を初心者にもわかりやすく解説!

zkSyncの使い方を解説!給付金/エアドロップをもらう、イーサリアムを入金する方法などをわかりやすく紹介!

GMOコイン

スポンサー